スポンサーリンク

Ironとionの意味や発音・違いは?なぜアイアンやアイロンなのか?【アメリカ英語の読み方】

英語のスキルアップ

現在ではグローバル化が加速しているため、その基準となる言語の「英語」のニーズがさらに高まりつつあります。

ただ、英語の発音(読み方)や意味を理解することはなかなか難しく、特に似たようなものではさらに理解が困難です。

そのため適切に各単語の意味・発音について理解しておくとよく、中でもここでは「ironやion」の意味や発音(読み方)」「なぜアイアンやアイロンなどになるのか?」について解説していきます。

スポンサーリンク

Ironとionの意味や発音・違いは?【英語の読み方】

それでは以下でIronとionの意味や発音・違いについて確認していきましょう。

まず各々の英語の意味は「iron :鉄」「ion :イオン(物質が電離し、電荷を帯びた状態)」です。

そしてironとionの発音は似ているものの、違いがあります(アメリカ英語の場合。イギリス英語では発音は同じとなります)。

ironの発音(読み方)としては「アイロンとアイランとアイアンの中間」のような発音をイメージするといいです。

 

日本語には「r」の発音に対応するものがなく、このrの部分では

・舌を歯の裏につけずにかつ
・「あ」と「お」の中間のような音を出す

といいです。

一方でionではrが含まれておらず、アイオンに近い発音をイメージしましょう。

いずれにせよironとionでは「rが入っているかどうか」という大きな違いがあるために、発音(読み方)も異なるものになるのです。

 

Ironの発音はなぜアイアンやアイロンなのか?【英語の読み方】

それでは「なぜironの発音(読み方)はなぜアイアン・アイロン・アイランという日本語表記があるのか」についても考えてみましょう。

結論としては上述のように「rに相当する明確な日本語がないこと」がironの発音がアイアン・アイロン・アイランあたりになる大きな理由です。

つまりironに相当する発音を的確に日本語で表すことができないため、近い音となるアイアン・アイロン・アイランあたりがironの発音とされているわけです。

きちんと英語における「r」の読み方を習得していないとこの「iron」の正しい発音ができないので、きちんと理解しておきましょう。

ちなみに科学で出てくる鉄イオンを英語にすると、iron ion となり、とても発音しにくいことも覚えておくと面白いですね。

 

まとめ なぜ英語のironの発音はアイアンやのアイロンなのか?Itonとionの意味や発音・違いは?

ここでは英語におけるItonとionの意味や発音・違いは?なぜアイアンやアイロンなのか?について確認しました。

英語には似たようなつづり、発音、意味の単語がたくさんあるため、その違いを一つずつ理解していくといいです。

さまざまな英語の表現方法を身につけ、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました