スポンサーリンク

太ったら目が小さくなり、目が開けにくくなるのか?痩せると目が大きくなり、目が開けやすくなるのか?

ストレスを強く感じたり、おいしい食べ物が目の前に合ったりすると、つい食べ過ぎてしまうことがあるでしょう。食べ過ぎると、もちろん太ります。

太ったことで、目が明けにくくなったり、周囲から「眼が小さくなった」といわれた経験はないでしょうか。

実は、体重の増加と「目の大きさ」目の開閉しやすさ」には深い関係があります。

ここでは、「太ることで目が小さくなるメカニズムや対処方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

体重が増えると目の大きさが小さくなる原理(痩せると目が大きくなる理由)

太ることで、目が小さくなる仕組みには、大きくわけて3つの要因が絡んできます。以下で確認していきます。

① 相対的に目が小さくなる

太ることで顔にも脂肪がつき、顔の面積が大きくなります。結果として、目自体の大きさは変わっていないとしても、顔の中の目のパーツの面積が少なくなるために、目が小さく見える現象が起こるのです。

以下のようなイメージです。

② まぶたの脂肪がつくことで、目が明けにくくなる

太ると顔の輪郭回りだけでなく、まぶたにも脂肪が溜まります。上瞼の脂肪が厚くなると、目が開閉しにくくなります

これは、目の開眼の原理と関係しています。目を開く際には、眼輪筋(ミュラー筋)とよばれる眼の周囲の筋肉によって瞼を持ち上げています。

 

このとき、瞼の脂肪は筋トレでいうオモリのようなものといえ、脂肪が増えるほどに筋トレでいう負荷が大きくなることになります。結果として、目が明けにくくなり、実際に「目が開いていない」「眼が小さくなった」という状態になります。

③ 体重が増加につながる糖質過剰食は目のむくみも引き起こす

太る最も大きな原因は「糖質の過剰摂取」といえます。糖質の過剰摂取は、脂肪の量を増やすだけではなく、むくみを生じます。

特に、顔や眼の周りは非常にむくみの影響も受けやすい部分です。

 

そのため、体重が増加するような食生活をしているということは、脂肪量の増加だけでなく、目や顔のむくみも併発します。

太る糖質過剰な食事とは以下のような炭水化物と脂質がメインの食事を指します。

 

結果として、目が腫れぼったくなり、かつ顔が大きく見えることで、目が小さくなるのです。

このように、太ることは目が小さくなることに直結します。

 

太って瞼の脂肪が増えすぎると眼瞼下垂や眼瞼痙攣になる危険性がある

このようなメカニズムによって、体重増加で目が小さくなります。ただ、外見上の変化だけ済めばいいですが、体重が増え瞼の脂肪が厚くなると、目の病気につながることがあります。

上まぶたが厚くなることで、起こる目の病気とは主に、「眼瞼下垂」「眼瞼痙攣」が挙げられます。

以下で、目の脂肪が増えると目の疾患が起こる理由について確認していきます。

 

脂肪が増えることで眼瞼下垂になる仕組み

元から目の周囲の筋肉が他の人よりも弱い方は、目の脂肪が増えると眼瞼下垂になることがあります。

眼瞼下垂は後天的に起きるケースでは、「目を過剰にこする」「瞼の脂肪が増える」などして、眼輪筋の機能が低下したり、眼輪筋への負担が増えることが主な原因です。

そのため、単純に「太ることで眼が小さくなる」という外見上の変化だけでなく、病気と認定されるレベルになることがあるので気を付けましょう。

眼瞼下垂では以下のような症状となります。

 

脂肪が増えることで眼瞼痙攣になる仕組み

同様に、筋肉には問題ないが、神経的なことが原因で目が明けにくくなる病気の「眼瞼痙攣」という病気にもなる危険性が危険性があります。

眼瞼痙攣は詳しい原因は解明されていない病気であり、症状には「まぶしくて目をあけていられない」「目がしょぼしょぼする」「緊張したりすると目を勝手にぎゅっとつぶってしまう」などの症状が起こります。

太って目が明けにくくなった場合、眼瞼痙攣に潜在的になりやすい人の場合、「眼が開きにくいこと自体」「眼が開いていないことを周囲からどう思われているか」に強い不安を感じ、眼瞼痙攣になることがあります。

そのため、急激に太ったことで目が開きにくい、目が小さくなったと感じた場合は、そのまま放置せず、適切な対処を行った方がいいです。

太って目が小さくなったと感じたときの対処方法

太ったことが原因であったら、「痩せればいい」といったらと元も子もないです。

そのため、ここで緊急でで瞼の脂肪を除去したり、目を開きやすくし大きくするための方法について確認していきます。

① 糖質オフ生活を開始する

先にも述べたように、高血糖状態が長く続いていたり、血糖値が急激に上昇すると、太るだけでなく、まぶたのむくみも併発します。

そのため、糖質オフの食生活を心かげるといいです。完全に糖質を断ち切るのではなく、1色あたり糖質40g手度までの摂取にすればいいです。

例えば、白ご飯などの炭水化物では非常に糖質が多いために、XXXXgですでに糖質40g程度を超えてしまいます。

以下のような分量です。

 

そのため、ごはんを豆腐で置き換えたり、、いまでは糖質オフ食品が多く存在するため、それらをうまく活用して、小腹を満たしていくといいです。

また、糖質オフ生活を続けていければ、一時的な血糖値の上昇を抑えるだけでなく、ダイエットにつながります。

 

結果として、顔や瞼の脂肪を燃焼させ、目を大きく、開きやすくすることが可能です。同時に、眼瞼下垂や眼瞼痙攣の予防にもなります。

(※具体的な糖質オフの方法は別ページにて解説しています。)

② 1日のみ断食する

1日のみでも食事を抜くと、脂肪を一気に落とすことができます。ただ、連日の断食となると精神的に続かないことや、逆に筋肉の低下を招いて長い目で見ると痩せにくい体となってしまいます、

そのため、1日だけ断食することにチャレンジしてみましょう

ただ、断食するといっても水分補給などはこまめに行いましょう、このとき、以下のような大量の糖質を含むジュースを飲んでは元もこもないです。

お茶類など糖質がほとんど含まれていなうものの摂取をおすすめします。断食した後に、勢いで暴飲暴食に走ることは避けましょう。

もし、反動で食べ過ぎてしまうかもしれないと考えている人は、少量のおやつや食事などを摂取し、乗りっきりましょう。

私の場合は、糖質が低めのチョコレートやナッツ類を摂取するようにしています。

以下のようなものです。

③ まぶたや顔のマッサージなど部分やせを行う

実は顔やまぶた付近は、部分的にやせることやむくみをとることが行いやすい場所です。そのため、局所的なマッサージを行うことによって、比較的容易に脂肪を減らすことが可能です。

まぶたのマッサージの具体的な手順は以下の通りです。

・お風呂場や洗面所でオイルもしくは石鹸をつける

瞼の皮膚はXXXmm程度とと、非常に薄いです。そのため、非常にデリケートな部位であるために、そのまま触って強くこすったりするようなことは避けましょう、

石鹸や洗顔フォームを使用すればダメージを抑えつつ、スムーズに脂肪を流すことができます。

以下のような、泡がよくたつ洗顔フォームがおすすめです。 力を入れずに向きに注意して脂肪を流す

眼がしらから目じり、こめかみにかけて、なめらかに力をほとんど加えずに、マッサージを行うといいです。

以下のような方向です。

※※

・石鹸やオイルを肌をなるべく擦らずに洗い流す

実は洗浄の際にも注意すべきことがあります。洗うときには、まぶたをごしごしするように力を加えてはいけません。

加圧しつつ触ると瞼の脂肪がとれたとしても、たるみが生じる影響で目が小さくなったり、明けにくくなったりします。ひどいときには、眼瞼下垂や眼瞼痙攣を引き起こすケースがあります。

水をかけつつ、肌の表面を動かす程度の力で洗うようにしましょう。

適切な対処方法によって太ったことによる、目が小さくなる現象を克服していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました