スポンサーリンク

atmは何の略?正式名称は?DVDやVTRは何の略なのか?【Digital Versatile Disc 読み方】

私たちが生活している中でよく略語を見かけることがありますよね。

ただこの略語の正式名称を理解していないと、正しい表記にて情報を記載する必要があるときに対応できなくなるため、普段からこの略語と正式目雨量の関係を万でおくといいです。

中でもここでは何の略か聞かれる場面が多い「atm」「DVD」「VTR」の正式名称について解説していきます。

スポンサーリンク

atmは何の略なのか?正式名称はAutomatic teller machineで読み方はオートマチックテラーマシーンなのか?

それでは何の略かよく疑問を持たれるatmの正式名称について確認していきます。

atmの正式名称は「Automatic teller machineもしくはAutomated teller machine」であり、意味はあなたもご存知の銀行・コンビニ等で設置してある「お金の出し入れや振り込み等ができる機械」を指します。

atmの読み方はそのまま「エーティーエム」です。

正式名称のAutomatic teller machineの読み方はオートマチ(ティ)ックテラーマシーンであり、Automatic teller machineの読み方はオートメイティッドゥテラーマシーンとなるわけです。

「atmは略」としては知られているものの正式名称を知っている人は意外といないため、この機会に理解しておくといいです。 

 

 DVDは何の略なのか?正式名称はDigital Versatile Disc?読み方は?

続いて、何の略かよく疑問を持たれるDVDの正式名称についても確認していきます。

DVDは実はDigital Versatile Discが正式名称であり、その読み方はデジタルバーサタイルディスクとなります。

この意味としては「Versatile:多目的な、用途が広い」という意味を持つことを考慮しますと、電子的に(デジタル)で多目的なディスクとなるわけです。

実際にDVDでは映像、写真、音楽などのデータを書いたり消したりできることから用途が広いデジタルデータを扱ったディスクといえるでしょう。

DVDの読み方はご存知のようディーブイディですが、正式名称の方はなかなか難しいのでこの機会に覚え、周囲の人に自慢してもいいですね。

 

VTRは何の略なのか?正式名称はvideo tape record?読み方は?

続いて、何の略かよく疑問を持たれるVTRの正式名称についても確認していきます。テレビ番組などを見ていると「VTRスタート!」などの掛け声で別の映像が始まる状況をよく目にすると思います。

VTRは実はvideo tape recorderが正式名称であり、その読み方はビデオテープレコーダーとなります。

ビデオテープとは以下のような外観の映像糖を保存しておくための媒体として以前は有名でしたが、今ではDVDやブルーレイディスクなどのより高容量のデータを記録できる媒体にすでに置換されてしまっています。

今ではほとんど見かけることはないでしょう。

ただテレビ番組などで「VTRスタート!」などというのは、この以前の名残をそのまま使用しているわけで、番組内で別に撮影した映像データのことをVTRと呼んでいるのです。この映像を再生する際にVTRスタートという掛け声をかけています。

まとめ VTRは何の略?正式名称は? DVDやATMは何の略なのか?【意味】

ここでは何の略かよく着かえる器具である「atm」「DVD」「VTR」の正式名称について解説しました。

どの略も日常生活においてよく使用するものであるため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな言葉の意味や略・正式名称を理解し日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました