EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

10千円や15千円はいくら(何円)?意味や読み方は?徹底解説!

スポンサーリンク

普段何気なく生活している中で「意味がわかりにくい表現方法」に出くわすことがあるでしょう。

例えば、お金の表記として「10千円や15千円」などを見かけるケースがありますが、この意味や読み方について理解できていますか。

このような背景もありここでは「10千円や15千円はいくら(何円)か?意味や読み方は?」について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

10千円はいくら(何円)?意味や読み方は?徹底解説!

それでは以下で10千円は何円(いくら)か?という意味や読み方について解説していきます。

結論として、10千円は1万円を意味します。

 

計算の詳細を見ていきましょう。

基本的に「~千円」とは、言葉の通り千円(1,000円)をベースにこの~倍になっているか?と考えます。

つまり、10千円は

計算式:10 × 千円(1,000円)=10,000円(1万円)

と導出されるわけですね。

 

10千円の読み方

基本的に10千円の読み方としては、変換後の「1万円円(イチマンエン)」で呼びましょう。

あくまで10千円は表記として都合がいい(アメリカ式の3桁区切りと併せることができる)ために、こう記載しているのです。

 

 

15千円は何円(いくら)?意味や読み方は?徹底解説!

続いて、15千円はいくらか?といった、意味や読み方についても見ていきましょう。

結論として、15千円は1万5000円を意味します。

 

同様に導出過程を詳しくチェックします。

基本的に「~千円」とは、言葉の通り千円(1,000,000円)をベースにこの~倍になっているか?と考えます。

つまり、15千円は

計算式:15 × 千円(1,000円)=15,000円(1万5000円)

と導出されるわけですね。

桁数が大きいため、計算ミスに注意ですね。

 

15千円の読み方

同様に、15千円の読み方としては、変換後の「1万5000円(イチマンゴセンエン)」で呼びましょう。

あくまで15千円は表記として都合がいい(アメリカ式の3桁区切りと併せることができる)ために、こう記載しているのです。

なお、関連情報の

で解説のため、併せてチェックしてみてください。

 

まとめ 15千円の意味や読み方は?10千円も解説!

この記事では「10千円や15千円の意味や読み方」について解説しました。

10千円や15千円などのお金の表現は理解しにくいため、この機会に覚えておくといいです。

様々な知識を身に着け、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました