EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

3万ドルは日本円でいくら(何円)か?英語での表記や読み方は?【アメリカのお金:30000ドル】

生活

アメリカに旅行に行ったり、株式投資などを行ったりする際には、お金のドルと日本円の換算が基本的に必要となります。

中でも、30000ドル(3万ドル)は日本円でいくら(何円)で、アメリカで買えるもの(価値)は何か?といった疑問が出やすいですが、あなたは理解していますか。

ここではこの30000ドル(3万ドル)に注目して「30000ドル(3万ドル)は日本円でいくら(何円)か?アメリカのお金の30000ドルで買えるもの(価値)は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

3万ドルは日本円でいくら(何円)か?【アメリカのお金:30000ドル】

それでは以下で、3万ドル(30000ドル)は日本円でいくら(何円)か?について見ていきましょう。

アメリカと日本のお金を変換するには為替レートが関係していきます。

過去数年ほどのレートを確認してみたところ、1ドルは105円~120円程度であり、最近では120円程度になっているのがわかりますね。今後はこれ以上になるのも想定しますと、1ドル105~130円ほどで推移していくことでしょう。

そのため、現在では3万ドル(30000ドル)は日本円で約360万円程度と変換できます。

 

おおよそレートの1ドルが105円、110円、115円、120円、125円、130円の6パターンの値にて具体的な日本円への換算値を確認していきましょう。

 

1ドルが105円の時の3万ドルは日本円でいくらに換算できる?3万ドル

3万ドルを始めとして、ドルから円に換算するには、「アメリカのお金の値×レート」で日本円でいくらかがわかります。

よって

1ドルが105円の時の3万ドルは日本円で315万円

と換算できるのです。

計算式は30000(3万) × 105 = 315万円ですね。

 

1ドルが110円の時の3万ドルは日本円でいくらに換算できる?

同様にアメリカの3万ドルの日本円への変換を行っていきましょう。

1ドルが110円の時の3万ドルは日本円で330万円

と換算できるのです。

計算式は30000(3万) × 110 = 330万円ですね。

 

1ドルが115円の時の3万ドルは日本円でいくらに換算できる?

同様にアメリカの3万ドルの日本円への変換を行っていきましょう。

1ドルが115円の時の3万ドルは日本円で345万円

と換算できるのです。

計算式は30000(3万) × 115 = 345万円ですね。

 

1ドルが120円の時の3万ドルは日本円でいくらに換算できる?

同様にアメリカの3万ドルの日本円への変換を行っていきましょう。

1ドルが120円の時の3万ドルは日本円で360万円

と換算できるのです。

計算式は30000(3万) × 120 = 360万円ですね。

だいたいドルの前の数値を100倍した値よりも少し多い値が日本円への換算式と覚えておきましょう。

 

1ドルが125円の時の3万ドルは日本円でいくらに換算できる?

同様にアメリカの3万ドルの日本円への変換を行っていきましょう。

1ドルが125円の時の3万ドルは日本円で375万円

と換算できるのです。

計算式は30000(3万) × 125 = 375万円ですね。

 

1ドルが130円の時の3万ドルは日本円でいくらに換算できる?

同様にアメリカの3万ドルの日本円への変換を行っていきましょう。

1ドルが130円の時の3万ドルは日本円で390万円

と換算できるのです。

計算式は30000(3万) × 130 = 390万円ですね。

 

3万ドルの英語での表記・読み方は?

さらに、英語にて3万ドルの表記・読み方についても見ていきましょう。

4万ドルの英語表記は

・$30,000

であり、読み方は

・ Thirty thousand dollars(カタカナではサーティー ハンドレッド サウザンド ドラーズ)

ですね。

thirty(30)や thousand(1000)を用い、0の数に着目すると上手く表現できます。

 

まとめ 3万ドルは日本円で何円か?英語での読み方・表記は?

ここでは、3万ドル(30000ドル)は日本円でいくら(何円)か?英語での読み方・表記は?について解説しました。

30000ドル(3万ドル)はなかなか高額な金額と理解できたことでしょう。

アメリカの通貨のドルと日本円の換算に慣れ、旅行を楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました