EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

write・wrote・written・writingの発音(カタカナの読み方)や意味は?書くの過去形・過去分詞形・現在進行形

英語のスキルアップ

現在ではグローバル化が加速しているため、その基準となる言語の「英語」のニーズがさらに高まりつつあります。

ただ、英語の発音(カタカナの読み方)や意味を理解することはなかなか難しく、特に似たようなものではさらに理解が困難です。

そのため適切に各単語の意味・発音について理解しておくとよく、中でもここでは「書くの現在形・過去形・過去分詞形・現在進行形であるwrite・wrote・written・writingの発音(読み方)や意味」「熟語の~~の意味や使い方」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

書くの過去形・過去分詞形・現在進行形(~ing形)は何?【英語のwrite・wrote・written・writing】

それでは以下にて「書く」の英語writeの過去形・過去分詞形・現在進行形は何なのかについて確認していきます。

英語での書く(write)の過去形・過去分詞形・現在進行形は不規則に変化する単語であり、各々write・wrote・written・writingというつづりになります。

writeは不規則に変化する動詞のため過去形や過去分詞形にwroteやwrittenを使い、writedとはなりませんので注意しましょう。

なお、writeは書くという意味だけではなく、記入する、執筆する、表現するなどの意味合いも持ちます。文脈を見て意味合いを判断できるようにしましょう。

また進行形(=ing形)のwritingでは現在形の語尾のeがなくなった上で、ingがつくことも覚えておくといいです。

これら「書く(write)」などの英語の単語は定義であるので、何度も見て暗記していくしかありません(特に不規則活用の英語ではなおさらです)。暗記のポイントはとにかく気づいたときに単語を見たり聞いたりするのがおすすめですね。

 

write・wrote・written・writingの発音(読み方)や意味は?【カタカナ表記や発音記号は?】

書く(write)の過去形・過去分詞形・現在進行形のつづりと併せて、各々の発音(読み方)も覚えておくと効率よく暗記できます。

ここでは各々の英語の発音を「カタカナ表記+α」で説明していきます

・write:ライトゥ、発音記号はráit → アクセントは「ラ」の位置にきます。最初のwは発音しないのと、ラの音はlではなくrのため、舌を前歯の裏に付けず、宙に浮いている形で発音しましょう。

・過去形のwrote:ロウトゥ、発音記号は róut ː → 過去形でも現在形と同様に、最初のwは発音しません。また、こちらもrが含まれることに気を付けるといいです

・過去分詞のwritten:リトゥン、発音記号はrítn → 現在形や過去形とも大きく違う読み方です。ライトゥンと読まないことに注意が必要です。

・~ing形のwriting:ライティング → 現在形のwriteの語尾に~イングをつなげて発音するイメージでいいです。和製英語のライティングがこれに当たります。

 

 まとめ wrote・writtenの発音(カタカナの読み方)や意味は?

ここでは英語における「書くの現在形・過去形・過去分詞形・現在進行形であるwrite・wrote・written・writingの発音(読み方)や意味」について解説しました。

英語には似たようなつづり、発音、意味の単語がたくさんあるため、その違いを一つずつ理解していくといいです。

さまざまな英語の表現方法を身につけ、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました