【Word】ワードでの参考文献の入れ方・書き方【自動:番号1:リンクurl:上付き:資料など】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【Word】ワードでの参考文献の入れ方・書き方【自動:番号1:リンクurl:上付き:資料など】

本サイトでは記事内に広告が含まれています

レポートや卒業論文など様々な文書作成で活躍するWord(ワード)。

 

学術的な文書を書く場合やエビデンスを示したい場合、「参考文献」を記載しますよね。

 

引用等をしている文章に数字を振って…文末に参考文献のリストを付ける…なんて手作業でやっていないでしょうか?

 

参考文献を記載する際は、ぜひWordの「参考文献」機能を使ってみてください。

 

本記事では「参考文献」の入れ方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ワードでの参考文献の入れ方・書き方【脚注と引用文献】 

Wordで参考文献を入れる方法です。

脚注機能を使った方法と引用文献機能を使った方法の2種類をご紹介します。

 

 

①脚注機能を使った参考文献の入れ方

(1)参考文献を引用したと明記したい場所にカーソルを合わせ、「参考資料」>「脚注の挿入」をクリック

 

 

(2)引用記号が挿入され、ページ下部に参考文献を記載するスペースが作成されました。

 

(3)文末に参考文献を記載する。

 

(4)参考文献を入れることができました!

以下のようにほかの箇所に脚注を挿入することで、複数の参考文献を記載することも可能です。

 

①引用文献機能を使った参考文献の入れ方

(1)参考文献を引用したと明記したい場所にカーソルを合わせ、「参考資料」>「引用文献の挿入」をクリック

 

 

(2)新しい資料文献の追加をクリック

 

(3)資料文献の作成ウィンドウが開かれるので、参考文献の情報入力して「OK」