スポンサーリンク

【Word】ワードにて表紙・目次のみ印刷するには?2ページ目だけを片面印刷するには?

Wordのスキルアップ

ワード(Word)は文書作成・管理を行うツールとして機能が高く、上手く使いこなせると業務を大幅に効率化できるため、その扱いに慣れておくといいです。

ただ機能が充実しているあまり初心者にとっては処理方法がよくわからないことも多いといえます。

例えばワードにて表紙・目次のみ印刷したり2ページ目だけを片面印刷したりするにはどう処理すればいいのか理解していますか。

ここではワードにて表紙・目次のみ印刷したり2ページ目だけを片面印刷したりする方法について解説していきます。

 

スポンサーリンク

ワードにて表紙や目次のみを片面印刷する方法

それでは以下でワードにて表紙や目次のみを印刷する方法について解説していきます。

以下の1ページ目の表紙・目次に相当するページを片面印刷してみましょう。

印刷するには、上記、赤囲いの「ファイル」の部分に矢印を持って行き、右クリックします。

上記のような表示が出てきますので、

「印刷」部分に矢印を持って行き右クリックしましょう。すると以下の通りとなります。

次に1ページ目のみ印刷するには、赤囲いの部分に矢印を持って行き右クリックすると入力できるようになります。

以下のようなウィンドウになります。

この中のページの部分に記入しています。

今回は“1ページ目のみ(表紙や目次が記載)”ですので、「1-1」(1と1の間はハイフンです)と入力しましょう。

そのあとは、上記、赤囲いの「印刷」に矢印を持って行き、右クリックすると表紙・目次ページのみ(1ページ目)のみの片面印刷が実行されます。

 

「現在のページの印刷」にても対応できる

また、もう1つの方法として、まずは

文章が印刷したいページで作業している様に選択します。

1ページを表示し、どこかに矢印を持って行き、右クリックします。

目安は1ページ目のどこかに入力マークが出てきます。

上記の赤囲いの「|」が出てきていれば大丈夫です。これが、入力部分になります。

このような状態になっていることを確認できたら、先ほどと同様、「ファイル」シートに矢印を持って行き、印刷表示にしましょう。

今度は、設定部分のすぐ下の箇所(すべてのページを印刷と記載の部分)に矢印を持って行き、右クリックします。

上記のような表示が出てくるので「現在のページを印刷」部分に矢印を持って行き、右クリックします。(「現在のページを印刷」を選択します)

設定したの「現在のページを印刷」に表示されているのを確認したら、印刷部分に矢印を持って行き、右クリックすると表紙・目次ページのみの片面印刷が実行されます。

 

ワードにて2ページ目だけを片面印刷する方法

続いて上のようにワードにて1ページ目(目次や表紙ページ)ではなく、2ページ目を片面印刷する方法についても確認していきます。

上と同様に印刷設定にてページを入力していきます。

今回は上記赤囲い部分に「2-2」と記載しましょう。(「1-2」と記載すると、1枚目から2枚目の識別になります)

これで2ページ目のみを片面する設定となっているわけです。

ページ部分が「2-2」になっている事を確認したら、「印刷」部分に矢印を持って行き、印刷を実行します。

これでワードにて2ページ目を印刷する操作が完了です。

 

2ページ目に移動し「現在のページの印刷」でも処理できる

また、こちらも先ほどの作業と同様、別の選択でも印刷できます。

ワード本文の2ページ目のどこか(2ページ目内の任意の場所)に矢印を持って行き、右クリックして入力できる状態にします。

こちらも2ページ目のどこかに「|」のマークが付いていることを確認して下さい。

そのあとは、こちらも同様「ファイル」シートに矢印を持って行き、右クリックし、印刷部分に矢印を持って行き右クリックします。

そのあとは、設定のしたの部分に矢印を持って行き、右クリックします。

上記、赤囲いの「現在のページを印刷」に矢印を持って行き選択しましょう。

※先ほどの2ページ目に入力作業状態にすることで、現在のページが2枚目と認識されるので、2枚目のみ印刷されます。

そのあとは、同様、「印刷」に矢印を持って行き右クリックすると、2ページ目のみの片面印刷が実行されます。

 

まとめ ワードにて2ページ目だけを片面印刷する方法

ここでは、ワードにて表紙・目次のみ印刷したり2ページ目だけを片面印刷したりする方法について解説しました。

基本的には

・印刷のページ設定画面にて表紙・目次のみ(1ページ目)か2ページかを入力するか

・対象ページに移動しそこで「現在のページの印刷」を実行する

といいです。

ワードでのさまざま処理に慣れ、日々の業務を効率化させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました