スポンサーリンク

とんかつとチキンカツとヒレカツとロースカツの違いは?各々の意味(名前の由来)や定義から解説!

生活

好きな食べ物や飲み物を飲むととても幸せな気分になる人が多いでしょう。

単純に美味しいと感じるものを食べたり、飲んだりしても気分が上がりますが、その食べ物の名前の由来や意味、似ている食べ物の違いなどについて知っておくと、その美味しさは倍増するといえます。

そのため各食べ物、飲み物に関する知識を身につけておくとよく、中でもここではとんかつ、チキンカツ、ヒレカツの各々の意味(名前の由来)の違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

とんかつとチキンカツの違いは?意味を解説!

それではまず「かつ」の仲間である言葉のとんかつとチキンカツの違いについて解説していきます。

結論からいいますととんかつとチキンカツの違いは「カツの元の材料がとん(豚)なのか、チキン(鳥)なのかにある」といえます。

そもそもカツとは上述のよう各お肉の周りをパン粉で薄く覆い、それを揚げたものの総称をさしています。この各お肉にあたる部分が豚肉であればとんかつ(豚カツ)となり、鶏肉であればチキンカツと呼ばれるわけです。

基本的にコストとしては、とんかつよりもチキンカツの方が安いことが多いです。これはそもそものお肉の値段が豚肉の方が高めなことに由来しています。

味の違いについては説明が難しく実際に食べてみることをおすすめしますが、あえて表現するならばとんかつの方が「より濃厚でがっつり食べたい時用、夕食向き」、チキンカツの方が「さっぱり、あっさりしていていつの時間帯でも食べやすい」と個人的には感じていますね

とんかつとヒレカツとロースかつの違いを解説!

なお、とんかつと似ている言葉としてヒレカツ、ロースかつなども挙げられ、これらの違いについても確認していきましょう。

実はヒレカツやロースカツとは、豚や牛の部位である「ひれ(脊中肉付近)」「ロース(肩から背中にかけた部位)」を用いたカツのことを意味しており、その肉の種類は特定されていません。

つまり、豚肉でも牛肉でもヒレカツ、ロースカツは存在するわけです。

一方で、とんかつとは上述のように豚肉を用いたかつのことであり、逆に部位はしてされていません。よって、とんかつといってもヒレカツの場合もあれば、ロースカツの場合もあるといえます。

このようにとんかつは豚肉というお肉の種類で区別したカツであるのに対し、ヒレカツ、ロースカツはお肉の種類は問わず部位の分類によって区別したカツといえるのが違いなのです。

 

なおとんかつの中におけるヒレカツとロースカツの違いについても確認していきましょう。

一番大きな違いとしては、ロースカツの方がヒレカツよりも脂身の量が多くこってりしており、夕食向きということです。言い換えるとヒレカツの方がよりあっさり、さっぱり、やわらかいといえます。

希少性の観点からはひれの方が高く(1頭の豚から約2%ほどしかとれない)ためコストも上がりがちです。

味の観点からの違いは上にてチキンカツととんかつの違いについても解説しましたが、いわゆるチキンカツに近い味、食感がヒレカツと考えてもいいです(個人的なイメージですが)。

まとめ ヒレカツとロースカツの違いは?とんかつとチキンカツの違いは?各々の意味(名前の由来)や定義から解説!

ここでは、似ている言葉であるとんかつとチキンカツとヒレカツとロースカツの違いについて各々の言葉の意味(定義)から解説しました。

各食べ物の意味や違いを理解し、毎日の生活をより楽しめるものに変化させていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

とんかつとチキンカツとヒレカツとロースカツの違いは?意味を解説!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました