EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

speak・spoke・spoken・speakingの発音(カタカナの読み方)や意味は?話すの過去形・過去分詞形・現在進行形

英語のスキルアップ

現在ではグローバル化が加速しているため、その基準となる言語の「英語」のニーズがさらに高まりつつあります。

ただ、英語の発音(カタカナの読み方)や意味を理解することはなかなか難しく、特に似たようなものではさらに理解が困難です。

そのため適切に各単語の意味・発音について理解しておくとよく、中でもここでは「話すの現在形・過去形・過去分詞形・現在進行形であるspeak・spoke・spoken・speakingの発音(読み方)や意味」「熟語のspeak upやspeak outの意味や使い方」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

話すの過去形・過去分詞形・現在進行形(~ing形)は何?【英語のspeak・spoke・spoken・speaking】

それでは以下にて「話す」の英語speakの過去形・過去分詞形・現在進行形は何なのかについて確認していきます。

英語での話す(speak)の過去形・過去分詞形・現在進行形は不規則に変化する単語であり、各々speak・spoke・spoken・speakingというつづりになります。

speakは不規則に変化する動詞のため過去形や過去分詞形にspokeやspokenを使い、speakedとはなりませんので注意しましょう。

なお、speakは話す・口頭で伝えるだけではなく、円雑する・講演するなどの意味でも使用されることもあります。

また進行形(=ing形)のspeakingでは元のspeakのkが重ならないこともも覚えておくといいです。動名詞(始まり)としても使われることも多いですね。

和製英語のスピーキングもこのspeakingが元になっています。

これら「話す(speak)」などの英語の単語は定義であるので、何度も見て暗記していくしかありません(特に不規則活用の英語ではなおさらです)。暗記のポイントはとにかく気づいたときに単語を見たり聞いたりするのがおすすめですね。

 

speak・spoke・spoken・speakingの発音(読み方)や意味は?【カタカナ表記や発音記号は?】

話す(speak)の過去形・過去分詞形・現在進行形のつづりと併せて、各々の発音(読み方)も覚えておくと効率よく暗記できます。

ここでは各々の英語の発音を「カタカナ表記+α」で説明していきます

・speak:スピーク、発音記号はspíːk →アクセントが途中の「ピ」にきます。ある程度和製英語としても認識されているため、そのまま覚えておくといいですね。

・過去形のspoke:スポーク、発音記号はspóuk → 上のスピークの「ピ」が「ポ」に変化した読み方となります。アクセントは現在形と同様に「ポ」の位置にきます。

・過去分詞のspoken:スポークン、発音記号はspóukən → 過去形のスポークの語尾に「ン」がつくと過去分詞の読み方になります。

・~ing形のspeaking:スピーキング、発音記号はspíːkiŋ → 上のspeakの語尾を~イングをつなげて発音するイメージでいいです。

 

speak upの意味や使い方【speakの熟語】

続いて、speakに関係する熟語としてよく見かけるspeak upの意味や使い方についても見ていきましょう。

speak up~(スピーク アップ)という熟語の意味は

・声の大きさを上げる(小さい声を大きい声に)

・はっきりと主張する・意見を言う

が代表的です。

up(上げる)という表現からも上のspeak upの意味がイメージしやすいでしょう。

 

speak out の意味や使い方【speakupとの違いは】

さらにはspeakに関係する熟語としてよく見かけるspeak outの意味や使い方についても見ていきましょう。

speak outも上のspeak upと意味が似ており、

・~をはっきりと主張する(主に今までに触れられていなかったこと)

が代表的です。

例えば、最近少しずつ理解が深まっている夫婦別姓などを肯定するために声を上げる場合などに、このspeak outを使うわけです。

 

まとめ spoke・spokenの発音(カタカナの読み方)や意味は?

ここでは英語における「話すの現在形・過去形・過去分詞形・現在進行形であるspeak・spoke・spoken・speakingの発音(読み方)や意味」について解説しました。

英語には似たようなつづり、発音、意味の単語がたくさんあるため、その違いを一つずつ理解していくといいです。

さまざまな英語の表現方法を身につけ、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました