スポンサーリンク

小学生以下は小学生は入る?小学生未満の違いは?いつまで(何歳まで)か?言い方(呼び方)は?

幼稚園や小学生以下のお子さんをお持ちの方はさまざまなことで悩むことが多いですよね。

特に金銭面では子供にかかる費用はかなり大きく、できるかぎり節約したいものです。

お金に関する話として「小学生以下は無料」「小学生未満は割引!」などの情報を見かけるケースがあると思いますが、この小学生以下や小学生未満の年齢は何歳までのことを言うのか理解していますか。

ここでは、この「小学生以下や小学生未満の意味や違いは?(小学生は含むのか)」「小学生以下や未満の年齢は何歳までか」「小学生未満の別の言い方(呼び方)は何か」について解説していきます。

スポンサーリンク

小学生以下や小学生未満の意味や違いは?小学生は入る?

それでは小学生以下や小学生未満の意味や違いについて解説していきますl。

結論からいいますと小学生以下は小学生を含む人、小学生未満では小学生を含まないそれ以下の人が該当します。

つまり小学生以下といえば、小学6年生、5年生、3年生・・・などすべての小学生も入ることになるわけです。

一方で小学生未満では、上のような小学生はすべて含まず、小学生に入るまでの年齢の子を示しているのです。

上にも記載のように割引の対象などで似たような「小学生以下」「小学生未満」という表現はよくとられているので、各々の違いを覚えておいた方が何かと便利と思います。

 

小学生以下や小学生未満は年齢は何歳までを指す?

上述のように小学生以下や小学生未満の意味はあくまで「小学生が入るか」どうかが基準となっています。

つまり、小学生以下や小学生未満は年齢で決まっていないのです。

例えば4月生まれのお子さんであれば、小学1年生になりすぐに7歳になるわけですが、早生まれの3歳の子であれば1年程3歳のまま過ごすことになります。

ただ各々ともに小学生になっているので、小学生以下には該当することになります。ただ上のように年齢はばらばらとなると理解しておきましょう。

 

小学生未満の別の言い方(呼び方)は?

さらには小学生未満の別の言い方(呼び方)についても確認していきましょう。

なお小学生以下の別の言い方としては基本的にあまりなく、そのまま小学生以下と呼ばれるのが基本と理解しておくといいです。

一方で小学生未満の子の別の言い方としては「未就学児」というものがあります。

小学生未満では小学生に入る前のお子さんのことを指すと記載しましたが、この未就学児という言い方も全く同じ意味に相当します。

特に公的機関の文書などでは小学生未満ではなく、未就学児という呼び方をする場合が多いので合わせて覚えておきましょう。

https://kagawa-colorful.com/preschooler/より引用

未就学児の意味の詳細は別ページで記載しているので参考にしてみてください。

 

まとめ 小学生以下と小学生未満の違いや意味は?年齢は何歳までか?

ここでは「小学生以下や小学生未満の意味や違いは?(小学生は含むのか)」「小学生以下や未満の年齢は何歳までか」「小学生未満の別の言い方(呼び方)は何か」について解説しました。

基本的に小学生以下では小学生を含み、小学生未満では小学生を含まないと理解しておくといいです。

なお小学生以下と未満の違いは年齢ではなく、上の通り小学生かどうかにあることも認識しておくべきです。

さまざまな表現を学び、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました