EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

requireの意味や読み方は?needとの違いは?require to doの使い方は?

現在ではグローバル化が加速しているため、その基準となる言語の「英語」のニーズがさらに高まりつつあります。

ただ、英語の発音(カタカナの読み方)や意味を理解することはなかなか難しく、特に似たようなものではさらに理解が困難です。

そのため適切に各単語の意味・発音について理解しておくとよく、中でもここでは「英語のrequireの意味や発音(読み方:カタカナなど)は?要求するか?」「似ている英単語のneedやとの違いは」「requirementsとの違いは?」「熟語のrequire to do(不定詞)の使い方」などについて例文を交えて解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

英語のrequireの意味や発音(読み方:カタカナなど)は?【欠席の・不在の】

それでは以下にて「require」という英単語の意味や読み方についてみていきましょう。

requireの意味は「要求する、必要とする、義務とする」などです。まれに強制するという意味で使用することもあります。

後に解説するような、require to do(不定詞) ~という熟語で使用されるケースが多いですね。

require の発音を「カタカナ表記+α」で説明していきますと、リクワイアーとなります。発音記号はrikwáiərです。

アクセントは途中の「ワ」の位置にきます。なお、先頭はlではなくrのため、前歯の裏に舌を付けずに、宙に浮いたような状態のまま、発音しましょう。

 

 

requireとneedとの違いは?

なおrequireと似た英単語として、needというものがあります。needも「必要とする」という意味を持ちますもんね。

ただ、このrequireとneedにも違いはあり、

・needでは、主に「私の感情・主観」が元で~~が必要
・一方でrequireの場合では、「規則・法・ルール的に」~~が必要

というニュアンスがあります。

例えば、~を提出する際には~という書類の添付も必要・・といった場面では、requireの方が適切なわけです。

ざっくりとしたイメージでは、口語的な場面の必要では「need」を、堅い場面での必要としては「require」を使うと認識しておくといいです。

 

requireの覚え方は?

requireをなかなか覚えられない人は多いですが、この場合は

・うまく語呂合わせを考えるか

・とにかく1日に何度もrequireという英語を見るか

・後に解説するような熟語(require to do)や、上のneedと似ていることなどと併せて覚える

のどれかがおすすめです。

 

requireの場合では、うまいごろロ合わせも思いつかないことから、個人的には後に開設の、needと似ている英単語として、この意味を覚えてしまうのがおすすめです。

 

requireとrequimentの違いは?

なお、requireと類似の英単語にrequiment(複数形でrequiments)というものがあり、この違いについても見ていきましょう。

requimentとはrequireの派生語であり、名詞形になったものがrequimentなのです。

よってrequimentの意味は「要件、必要、必需品」などを表します。カタカナでの読み方は「リクワイアーメント」であり、発音記号はrikwáiərmənt です。

複数形であれば、語尾にsを付けるだけなので併せて覚えておきましょう。

 

 

require to do(不定詞)の意味や読み方・使い方は?【例文】

このrequireを用いた熟語的な表現として はrequire to do(不定詞)が代表的です。

具体的には be required to doという受動態で使用されることが基本であり、意味は~が必要である、求められるなどです。

読み方は「ビー リクワイアード トゥー~」となります。

例文としては

Batteries are required to use this.
→和訳:これを使うには、電池(バッテリー)が必要となります。

などです。

この熟語を理解しておくと、requireの意味自体も容易に覚えやすいのでおすすめですね。

 

まとめ require to doの意味や例文は?requimentとの違いは?

ここでは「英語のrequireの意味や発音(読み方:カタカナなど)は?要求するか?」「似ている英単語のneedやとの違いは」「requirementsとの違いは?」「熟語のrequire to do(不定詞)の使い方」について解説しました。

英語には似たようなつづり、発音、意味の単語がたくさんあるため、その違いを一つずつ理解していくといいです。

さまざまな英語の表現方法を身につけ、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました