スポンサーリンク

賞味期限切れの納豆(パックも)やドレッシングの捨て方は?【容器】

生活

私達が生活している中で「廃棄」に関する悩みは多いですよね。

多くの人が疑問に感じるテーマとして「賞味期限切れになった食べ物の処分はどうすべきか」が挙げられます。

ここでは、食品の中でも賞味期限切れになった「納豆」の捨て方(どこに捨てるか:燃えるゴミ?など)や別の使い道について紹介していきます。

スポンサーリンク

 賞味期限切れの納豆やパックの捨て方は【納豆を捨てる時】

家庭内で賞味期限切れの納豆の中身や容器を捨てる時は、地域によって若干の違いがあり、以下のように場合分けして処分方法を変えるといいです。

可燃・不燃の区別がない場合

自治体によっては可燃ごみと不燃ごみの区別がないところもあり、これに該当する地域では賞味期限切れ等で捨てる事になった納豆を容器と中身を併せて燃えるゴミとして廃棄できます

未開封であればそのまま捨てててもいいですし、臭いが気になる人は納豆をポリ袋などに包み、強く縛った上で捨てるといいです。

可燃ごみとプラゴミを分ける場合

また地域によって、可燃ごみやプラスチックごみを区別して廃棄する場合もあります。

このような場合では納豆の中身は燃えるゴミ(生ごみ)として、新聞紙等に出した後、ポリ袋に入れ、2重程度にし縛って処分するのがおすすめです。

中身を取り出すと部屋中に匂いが充満しやすいので注意が必要です。

納豆の容器は、中身を取り出した後に、一旦水洗いし、ぬめりをしっかりと落とすといいです。

洗浄後には納豆の容器をプラスチックごみとして廃棄すれば、処分完了となります。

 

なお納豆が賞味期限切れで捨てていいかどうかについてはこちらで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

賞味期限切れのドレッシングの捨て方(中身や容器)は?【未開封など】

続いて、賞味期限切れ等によって処分しないといけなくなったドレッシングの捨て方についても確認していきます。

ドレッシングのようにドロドロの液体と固体の中間のような食べ物・調味料は納豆と同様に、中身を燃えるゴミとして処分するといいです。

具体的な手順としては、

・ドレッシングを大量の新聞紙等に染み込ませた上で、ポリ袋や紙パックに入れ、縛ったりガムテープ等で密閉
もしくは
・ドレッシングを直接ポリ袋や紙パックに入れ、縛ったりガムテープ等で密閉

した上で燃えるゴミとして出すといいです。

この時、雑に扱うと中からドレッシングがこぼれ、臭い・汚れがひどくなることもあるので注意しましょう。ポリ袋で捨てるのであれば2重にしていくことは必須です。

少量のドレッシングであれば、新聞紙に染み込ませるだけでもよく、そのさじ加減は自信で判断しましょう。

ドレッシングの中身をトイレに流す・排水溝に捨てるのは避けるべき

なおドレッシング等の調味料をトイレや排水溝にて処分してもいいのか気になる方もいるようですが、これは避けた方がいいです。

単純にトイレや排水溝が詰まったり、臭いが残ったままになるリスクがあるためです。

もちろん微量のドレッシングであればそれほど問題にならないケースも多いですが、未開封のドレッシングまるごととなると、上の詰まり等の危険性がまずのでやめるべきですね。

ドレッシングの容器はリサイクルかプラスチックごみにて捨てる

またドレッシングの容器を処分する際には、以下の流れにて捨てるといいです。

・上の流れでドレッシングの中身を捨てる
・続いて、ドレッシングの容器(プラスチックや瓶)の中を水で洗う
・ある程度綺麗になったら、リサイクル可能な場合はリサイクルを優先し、できない場合はプラごみか瓶ゴミにて廃棄する

といいです。

この時、ドレッシングの容器の種類(プラスチックか瓶かなど)や自治体によって処分方法が異なってきますので、一度あなたの地域での捨て方をきちんと確認しましょう。

市区町村のHPにて基本的に情報が出ていますので、参考にしてみてください。

まとめ 賞味期限切れのドレッシングの捨て方や納豆の処分方法(パックも)

ここでは、賞味期限切れになった「ドレッシングや納豆」の捨て方(どこに捨てるか:燃えるゴミ?トイレ、排水溝?)について確認しました。

納豆やドレッシングなどの処分方法がわかりにくいものは意外となるため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな食物の廃棄方法を理解し、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

  1. […] →納豆の捨て方(パックや中身)はこちらで解説しています […]

タイトルとURLをコピーしました