EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

生クリーム10cc(10ml)は大さじ何杯か?生クリーム20cc(20ml)や生クリーム50cc(50ml)や生クリーム100cc(100ml)は大さじでどのくらい?

私たちが生活する上がで欠かせないものの一つに「生クリーム」が挙げられます。

料理や食事をする際に「この生クリームを大さじで測る」ことがありますが、そもそも生クリーム100ml(100cc)がどのくらいの量になるか理解していますか。

ここでは、この生クリーム10cc(10ml)は大さじ何杯か?生クリーム20cc(20ml)や生クリーム50cc(50ml)や生クリーム100cc(100ml)は大さじでどのくらい?について解説していきます。

スポンサーリンク

生クリーム10cc(10ml)は大さじでどのくらい?

それではまず生クリーム10cc(10ml)が大さじで何杯ほどに相当するのかについて確認していきます。コーヒーに入れたりケーキに乗せたりするときに生クリーム10ccほどを使うことがよくありますね。

そして生クリーム10cc(10ml)は大さじ約2/3杯程度となります。

詳細の計算は以下の通りです。

基本的に生クリーム大さじ1は15ml(15cc)であることを用います(生クリームだけでなくどのような液状のものであっても同じです)。

計算式:10 ÷ 15 = 2/3

より生クリーム10ml(10cc)は大さじでは2/3程度まで入れたものに当たるわけです。

生クリームでは10ml(10cc)ほどの少量を図るケースが意外と多いので、暗記しておいても何かと役に立つことでしょう。

 

生クリーム20cc(20ml)は大さじでどのくらい?

さらには生クリーム20cc(20ml)が大さじで何杯ほどに相当するのかについて確認していきます。生クリーム20cc(20ml)ともなるとなかなかの量となりますね。

結論からいいますと生クリーム20cc(20ml)は大さじ1杯強程度となります。

もちろん生クリームでは状態がふわふわのため大さじですりきり一杯の状態にするのが困難ですがおおよその目安として上の通りと理解しておくといいですね。

 

詳細の計算は以下の通りです。

上のよう生クリーム大さじ1は15ml(15cc)を活用していきましょう。

計算式:20 ÷ 15 = 4/3

より生クリーム20ml(20cc)は大さじでは4/3杯(1杯ちょっと)ほどになるのです。

 

生クリーム50cc(50ml)は大さじでどのくらい?

さらには生クリーム50cc(50ml)が大さじで何杯ほどに相当するのかについて確認していきます。生クリーム50ml(50cc)ともなるとケーキなどであっても1人分以上には確実になってきます。

生クリーム50cc(50ml)は大さじ約3.3杯程度(3杯とちょっと)となります。

詳細の計算は以下の通りです。

上のよう生クリーム大さじ1は15ml(15cc)を用います。

計算式:50 ÷ 15 = 約3.3

より生クリーム50ml(50cc)は大さじでは3.3程度、つまり3杯とちょっとになるのです。

 

生クリーム100cc(100ml)は大さじでどのくらい?

最後に生クリーム100cc(100ml)が大さじで何杯ほどに相当するのかについて確認していきます。生クリーム100ml(100cc)ともなるとホールケーキで使うレベルの分量になってきますね。

この生クリーム100cc(100ml)は大さじ約6.67杯程度(7杯弱)となります。

詳細の計算は以下の通りです。

上のよう生クリーム大さじ1が15ml(15cc)ことを用いましょう。

計算式:100 ÷ 15 = 約6.67

より生クリーム100ml(100cc)は大さじでは6.67程度、つまり7杯弱になるのです。

 

まとめ 生クリーム50cc(50ml)は大さじ何杯?生クリーム100cc(100ml)は大さじでどのくらい?

ここでは、生クリーム10cc(10ml)は大さじ何杯か?生クリーム20cc(20ml)や生クリーム50cc(50ml)や生クリーム100cc(100ml)は大さじでどのくらい?について解説しました。

生クリームは使用頻度がかなり高い調味料なので上のような対応関係を覚えておくと便利ですね。

生クリームを始めとしたcc(ml)や大さじの関係を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました