EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

毛布の重さの平均は?布団の重さの平均は何キロか?【敷布団や掛け布団も】

生活

毛布や布団を購入する際にデザインはもちろんのこと、重さなどの機能性がとても重要になりますよね。

もちろん製品によってサイズ等は様々ですが、選定基準とその平均値を理解しておくといいです。

中でもここでは、毛布の重さの平均は何キロか?布団(掛け布団や敷布団の重さの平均は何キロか?について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

毛布の重さの平均は何キロか?

それでは、以下で毛布の重さの平均は何キロなのかについて見ていきます。

結論からいいますと、一般的な毛布の重さとしては0.8~2.0kgとなります。

例えば、amazonにて検索時の以下製品(二枚合わせ毛布)であれば、以下のよう約1.64kg程度となっています。

もちろんサイズ感(SサイズやMサイズなど)や、その材質などによっても変化すると理解しておきましょう。

ただ

・上の毛布の平均的な重さ(0.8kg)の下限値であれば薄く、ブランケットと呼ぶイメージの製品に近い

・上限値付近(約2.0kg付近)であれば重くて、やや睡眠時の負担になる可能性がある

らめ、個人的には1.5、1.6kgを目安にするのがおすすめです。

 

掛け布団の重さの平均は何キロか?【重量】

続いては、掛け布団の重さの平均がどのくらいなのか?についても確認していきましょう。全体的に見て、毛布・ブランケットよりは軽く、敷布団よりは軽いのが一般的です。

掛け布団の重さの平均を素材別に記載しますと、

・羽毛布団であれば、1.5~2.5kgほど
・ウール(羊毛)であれば、2~3kgほど
・木綿(綿、コットン)であれば、2.5~5kgほど

を目安とするといいです。

例えば、以下製品は一般的なサイズの羊毛綿使用の布団の重さであり、2.5㎏程度となっていますね。

 

もちろん掛け布団であっても、そのサイズや材質の構成比率(複数の素材配合の場合)によっても変化します。

この値を元に、あなたの好みに応じて掛け布団を選定するといいです。

軽い場合には

・容易に動かせる、体への負担が小さいなどのメリットがある
・寝ている際にずれるリスクが高まるデメリットがある

掛け布団の重さが重い場合には、

・ある程度安定して布団がかかっており、ずれにくいメリットがあり
・重すぎるため、肩が凝る、寝返りが打てないなどのデメリットもある

といえます。

なお、最近では加重布団といって、あえてかなり重い重量の掛布団にしている製品(以下amazon内のスクリーンショット)もあるため、こちらも候補として検討してみても良いでしょう。

個人的には比較的軽めの「2.5kg程度」の、種類をまたいだ全体として見た中での平均的な重量の掛布団が好きです。

 

敷き布団の重さの平均は何キロか?

さらには、敷き布団の重さの平均がどのくらいなのか?についても確認していきましょう。全体的に、毛布や掛布団よりも重いです。

具体的な掛け布団の重量の平均を、素材別に記載しますと、

・最近よく見かけるポリエステルであれば、3~4kgほど
・羊毛と木綿の混合であれば、4~5kgほど
・木綿(綿、コットン)であれば、5~6.5kgほど

を目安とするといいです。

種類をまたいだ全体的な平均の重量は4.5kg程度といえるでしょう。

敷布団は掛布団と違って、睡眠の良し悪しとの関係が掛布団ほどは大きくないため、それほど気にする人は多くないかもしれないですね。

出したりしまったりが億劫な方は、ポリエステルのものが軽くていいかもしれません。

 

例えば、以下製品は一般的なサイズのポリエステル製の敷布団の重さであり、約3kg度となっていますね。

もちろん掛け布団であっても、そのサイズや材質の構成比率(複数の素材配合の場合)によっても変化します。

この値を元に、あなたの好みに応じて敷き布団を選びましょう。

 

まとめ 布団の重さの平均は何キロか?【敷布団や掛け布団も】

ここでは、毛布の重さの平均は?布団の重さの平均は何キロか?【敷布団や掛け布団も】について解説しました。

毛布、布団類は睡眠の質と大きく関係するため、きちんと選ぶといいです。

各重さに関する知識を身につけ、日々の生活をより快適に過ごしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました