スポンサーリンク

水1cm3の重さは何グラム?水100cm3や1m3や10m3の重さは何キロ?【水1立方センチメートルの重さと体積との関係】

Excel・英語以外のスキルアップ

私たちが生活している中でよく物質の体積と重さの関係について知りたいときがあるでしょう。

例えばペットボトルなどでよくみかける水ですが、この水の体積と重さはどう変換できるのか理解していますか。

ここでは「水1cm3(1立方センチメートル)の重さは何キロで何グラムなのか?」「水100cm3、1m3、10m3の重さは何キロで何グラムなのか?」について解説していきます。

スポンサーリンク

水1cm3の重さは何グラムなのか?【1立方センチメートルの重さと体積との変換】

結論からいいますと、水1cm3(1立方センチメートル)の重さは約g(1グラム)に相当します。

水を始めとして物質の体積と重さを変換するためには、密度(比重)を用いるといいです。

このとき

・水の密度は約1.0g/cm3

という式を活用しますと、

水1cm3 = 1cm3 × 1.0g/cm3=1g(1グラム)という重さになることがわかるわけです。

つまりの水の場合では1cm3(立方センチメートル)=1gと前につく数値が同じとなると覚えておくといいでしょう。

水100cm3の重さは何キロなのか?【体積との変換】

このように水を単位がcm3の体積から、単位がキロの重さに換算する時にはその数値が一致するといえます。

そのため水100cm3の重さは何gか?と聞かれた場合では、約水100gがこれに相当するのです。

単位がcm3(立方センチメートル)とg(グラム)であることにも注意するといいですね。

水1m3(立方メートル)の重さは何キロで何トンか?【体積との変換】

続いて水1m3(立方メートル)の重量についても確認していきます。

上の同じ水における体積から重さへの変換式を使えばよく、水1m3(立方メートル)=約水1000kg=1トンと変換できるのがわかります。

・水の密度は約1.0g/cm3
・1m3=1000000cm3
・1000000g=1000kg=1t

という関係を活用しますと、

1m3=1000000cm3 = 1000000cm3 × 1.0g/cm3=1000000g = 1000kg=1tと単位変換できるわけです。

水1m3(立方メートル)などの量はダムなどの水を管理する会社が使用するレベルの量と認識しておきましょう。

水10m3の重さは何キロで何トンか?【体積との変換】

最後に水10m3の重さが何キロ、何トンなのかについても確認してみましょう。

上と同様に考えていけばよく、体積が10m3の水=重さ10トン=10000kg程度といえます。

いろいろな場面でこの水の重さと体積の換算が必要となってくるのでよく覚えておきましょう。

まとめ 水1m3の重さは何キロ?水1cm3や100cm3や10m3の重さは?【体積との関係】

ここでは「水1cm3の重さは何キロで何グラムなのか?」「水100cm3、1m3、10m3の重さは何キロで何グラムなのか?」について解説しました。

水を始めとした物質の体積(cm3)から重さ(キロ)への単位変換はよく出てきますので、しっかりと覚えておくといいです。

各単位換算を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました