スポンサーリンク

小学1年生(小学校入学)の年齢は何歳から?早生まれでは?未就学児の年齢はいつまで?未就園児との違いは?

生活

幼稚園や小学生以下のお子さんをお持ちの方はさまざまなことで悩むことが多いですよね。

特に金銭面では子供にかかる費用はかなり大きく、できるかぎり節約したいものです。

子供が小学校入学となるとその額も少しずつ上がってくるために、小学校入学時の年齢が何歳について理解しておくといいです。

ここではこの「小学1年生(小学校入学)は年齢は何歳か?」「早生まれではどうなるか?」「似た言葉の未就学児の年齢はいつまでか?」「未就学児と未就園児の違いは?」について解説していきます。

スポンサーリンク

小学1年生(小学校入学)は年齢は何歳か?早生まれでは?

それでは小学1年生(小学校入学)の年齢が何歳なのかについて確認していきます。

結論からいいますと小学校入学時、つまり小学校1年生になり立ての場合の年齢は4月1日時点で必ず満6歳となります。

そのため早生まれのお子さんであっても、上述のよう6歳となるわけです。

その後の4月2日以降には誕生日が4月とよりお兄ちゃん、お姉ちゃんの子であればすぐに7歳となるのです。

早生まれの子、例えば3月生まれの子であれば、基本的にはおよそその1年後ほどの誕生日に7歳となるわけです。

未就学児の年齢はいつまでか?

さらに小学生未満という言葉と同様の意味の未就学児の年齢はいつまでなのかについても確認していきます。

未就学児とは言葉の通り、就学が未だの児童(つまり小学生未満)のことを指すので、その年齢は6歳以下となります。これは上述の通り小学校入学時点では6歳となっていることからもわかるでしょう。

つまりこれ以下の年齢のため、未就学児は6歳以下の年齢となるのです。

 

未就学児と未就園児の違いは?

さらには未就学児と似た言葉である未就園児との違いについても確認していきます。

未就学児とは先にも述べたように「小学校」に入学していない子を指します。小学校の「学」がこれに当たるわけです。

一方で未就園児の「園」とは幼稚園や保育園の園を指しており、これらに入園していないお子さんを意味するのです。

一般的には未就園児は3歳以下のことが多いですが、4歳や5歳でもこれらの園に入っていない子でれば、未就園児ということになります。未就学児同様に、年齢ではなく、入園しているかどうかがポイントと覚えておきましょう。

これが未就学児と未就園児の違いです。

 

まとめ 小学生以下と小学生未満の違いや意味は?年齢は何歳までか?

ここでは「小学1年生(小学校入学)は年齢は何歳か?」「早生まれではどうなるか?」「似た言葉の未就学児の年齢はいつまでか?」「未就学児と未就園児の違いは?」について解説しました。

基本的に小学生以下では6歳以下で早生まれでも同じと理解しておくといいです。

さまざまな知識を身につけ、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました