EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

牛乳1リットル(1000ml)の重さは何キロ?牛乳500mlや200mlや100mlの重さは?【体積との関係】

Excel・英語以外のスキルアップ

私たちが生活している中でよく物質の体積と重さの関係について知りたいときがあるでしょう。

例えばよく培養などに使用される牛乳(培養牛乳など)などが身近ですが、この牛乳の体積と重さはどう変換できるのか理解していますか。

ここでは「牛乳1リットルの重さは何キロで何グラムなのか?」「牛乳500ml、200ml、100mlの重さは何キロで何グラムなのか?」について解説していきます。

スポンサーリンク

牛乳1リットル(1000ml)の重さは何キロ?何グラム?【牛乳パック1リットルの重さなど体積との変換】

結論からいいますと、牛乳1L(1000ml)の重さは約1.03~1.05kg程度と換算できます。

牛乳を始めとして物質の体積と重さを変換するためには、密度(比重)を用いるといいです。

このとき

・牛乳の密度(比重)は約1.03~1.05g/cm3
・1L=1000cm3
・1kg=1000g

という式を活用しますと、

・牛乳1L=1000cm3= 1000cm3 × 1.03g/cm3=1030g = 103kg
・牛乳1L=1000cm3= 1000cm3 × 1.05g/cm3=1050g = 1.05kg

という重さになることがわかるわけです。

この時牛乳(牛乳パックなど)は脂肪分の量によってもその密度(比重)が変化することも理解しておくといいです。

牛乳500mlの重さは何キロで何グラムなのか?【体積との変換】

続いて、牛乳500mLの重さが何キロで何グラムなのかについても確認していきます。

同様に計算していけばよく、

・500×1.03 = 515g = 0.515kg
・500×1.05 = 525g = 0.525kg

であることから、牛乳500ミリリットルは約0.515~0.525kgであることがわかりました。

牛乳を始めとした物質の体積と重さの変換では、密度をかけるのか割るのかに注意して計算しましょう。

牛乳200mlの重さは何キロなのか?【体積との変換】

さらには、牛乳200リットルの重量についても確認していきます。

上の同じ牛乳における体積から重さへの変換式を使えばよく、

・200×1.03 = 206g = 0.206kg
・200×1.05 = 210g = 0.21kg

と求められるため、牛乳200ミリリットルは約0.206~0.21kgであることがわかりました。

牛乳100mlの重さは何キロなのか?【体積との変換】

最後に牛乳100mlの重さが何キロなのかについても確認してみましょう。

同様に考えていけばよく、

・100×1.03 = 103g = 0.103kg
・100×1.05 = 105g = 0.105kgと求められるため、牛乳100ミリリットルは約0.103~0.105kgであることがわかりました。

いろいろな場面でこの牛乳の重さと体積の換算が必要となってくるのでよく覚えておきましょう。

まとめ 牛乳200mlや500mlの重さは何キロで何グラム?牛乳100リットルや1リットル(1000ml)の重さは?【体積との関係】

ここでは「牛乳1リットル(1000ml)の重さは何キロで何グラムなのか?」「牛乳500リットル、200リットル、100リットルの重さは何キロで何グラムなのか?」について解説しました。

牛乳を始めとした物質の体積(リットル)から重さ(キロ)への単位変換はよく出てきますので、しっかりと覚えておくといいです。

各単位換算を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました