EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

メタノールの化学式(分子式)・示性式・沸点・密度・比重は?水より重い?【CH3OHやCH4O、g/mlやg/cm3】】

科学的な解析(化学)を行う際には基本的に反応物質の化学式(分子式)・示性式・沸点・密度・比重などの理解が必要となることが多いです。

そのためさまざまな物質のメタノールの化学式(分子式)・示性式・沸点・密度(g/mlやg/cm3)・比重などを理解しておくといいわけですが、あなた覚えられていますか。

ここでは代表的な化学物質のメタノール(CH4OやCH3OH)に着目して、その化学式(分子式)・示性式・沸点・密度・比重などをまとめていきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メタノールの化学式(分子式)は?【CH4OやCH3OHの分子式】

それではまずメタノールの化学式(分子式)について考えていきましょう。

メタノールの化学式はCH4Oとなります。

アルコール類の中で炭素数が1つなのがこのメタノールと覚えておきましょう。

 

メタノールの示性式は?【CH3OH】

さらには、アセトアルデヒドの示性式についても見ていきます。

有機化合物ではその構造をぱっと見で判別できるように、通常の分子式だけでなく、示性式も併用することが多いです。

メタノールの示性式は、CH3OHとなります。

メチル基(-CH3)とヒドロキシル基(-OH)という官能基を持つのが特徴ですね。

 

メタノールの密度・比重は?水より軽い・重い?【常温でのg/mlやg/cm3】

続いて、標準状態におけるメタノールの密度や比重も聞かれるケースもよくあります。

メタノールの密度は25度において液体であり、約0.79g/ml(g/cm3)程度と覚えておきましょう。

もちろん温度や圧力によってもメタノールの密度・比重は変化しますので、おおよその目安値が約0.79g/cm3と覚えておくといいです。

なお密度と似た言葉として、比重というものがありますが、液体の場合では「水を基準とした場合の密度の比」を意味しています。

ここで水の密度は1g/mlのため、メタノールの比重は単位のみが無くなった「約0,79」という数値となります。単位はないことに注意しましょう。

数値から比較してもわかるようにメタノールは水よりも軽いですね。重くないです。

 

メタノールの沸点は何度?【標準状態:大気圧】

さらには、標準状態におけるメタノールの沸点(気化する際の温度)についても確認していきます。

メタノールの沸点は、約65度となります。

水の沸点の100度と比べても低い(蒸発しやすい)ことがわかります。

また

メタノールの構造式や電子式はこちら

メタノールに極性がある理由はこちら

で解説していますので、併せてチェックしてみてください。

 

 

まとめ  CH3OH(メタノール)の示性式・沸点・密度(g/mlやg/cm3)や比重は?水より軽い・重い?

ここでは、代表的な化学物質のメタノールの化学式(分子式)・示性式・沸点・密度(g/mlやg/cm3)・比重などについて解説しました。

ややこしい化学式が多いため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな反応を理解し、日々の業務に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました