スポンサーリンク

heightの読み方や意味は?widthやbreadthの読み方(発音)や意味は?【高さや幅の英語】

英語を自由に読んだり書いたりするには、まずは単語を覚えることが効率的です。

ただ英語の単語の中にも読みにくいもの・意味を間違いやすいものがあり、その中の代表として「heightの読み方や意味、widthの読み方や意味」が挙げられます。

ここではこのheightやwidthの読み方や意味(高さや長さ)について例文を交えて解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

heightの読み方や意味は?高さの英語なのか?

それでは以下でheightの読み方や意味について解説していきます。

まずheightの読み方は「ハイト」であり、意味は「身長、標高、海抜などの高さ」「またはこれが高いこと、頂上、極値など」の名詞です。

よくローマ字読みとしてヘイトと発音してしまうケースもありますが、誤りのため注意しましょう。

heightに含まれる「gh」の部分は発音しないのもポイントですね。

 

heightとhighの違いは?

heightと似た英単語としてhighというものを見かけたことはないでしょうか。

実はこれらのheightとhighの違いは「名詞か形容詞か」にあります。

具体的な各々の意味は

・heightは高さという名詞

・highは高いという形容詞

を表しているわけです。

highが高いという意味なことを覚えている人は多いため、これから派生してheight(読み方:ハイト)という高さに変化すると理解しておくのがおすすめですね。

 

widthの読み方や意味は?幅や広さの英語なのか?

続いて、上のheightと一緒によく見る英語のwidthの読み方や意味について解説していきます。

widthの読み方はカタカナで「ウィドゥス」であり、意味は「幅、広さ」を表す名詞です。

よくローマ字読みとしてワイズと間違って発音してしまうケースもありますが、誤りのため注意しましょう。

widthのthでは舌を歯で挟んで発音するのがポイントですね。

 

widthとwideの違いは?

widthと似た英単語としてwideというものを見かけたことはないでしょうか。

実はこれらのwidthとwideの違いも「名詞か形容詞か」にあります。上のheightとhighの関係と対応していますね。

具体的な各々の意味は

・widthは広さ(や幅)という名詞

・wideは広いという形容詞

を表しているわけです。

wideが広い(ワイドテレビなどでも使用)という意味なことを覚えている人は多いため、これから派生してwidth(読み方:ウィドゥス)に変化すると理解しておきましょう。

 

breadthの読み方や意味は?幅や広さの英語なのか?

続いて、上のwidthなどと一緒によく見る英語のbreadthの読み方や意味について解説していきます。

breadthの読み方はカタカナで「ブレドゥス」であり、意味はwidthと同様に「幅、広さ」を表す名詞です。

よくローマ字読みとしてブレス(呼吸)と間違って発音してしまうケースもありますが、誤りのため注意しましょう。dが途中に入っているのです。

breadthのthでは舌を歯で挟んで発音するのがポイントですね。

 

breadthとbroadの違いは?

breadthと似た英単語としてbroadというものを見かけたことはないでしょうか。

実はこれらのbreadthとbroadの違いも「名詞か形容詞か」にあります。上のheightとhighの関係と対応していますね。

具体的な各々の意味は

・breadthは広さ(や幅)という名詞

・broadは広いという形容詞

を表しているわけです。

broadが広いという意味なことを覚えている人は多いため、これから派生してbreadth(読み方:ブレドゥス)に変化すると理解しておきましょう。

 

breadthとwidthの違いは?

なお上を読んでいると、breadthとwidthの意味が同じでは?違いは何か?と疑問を持つ人がいることでしょう。

ただこれらのbreadthとwidthの違いについては厳密な定義されていないようで、どちらを使ってもいいようです。

個人的にはwidthの方が見慣れているため(日本での箱のサイズのwdhなどのwはwidhtを意味するため)、こちらを優先して使用しています。

 

まとめ widthの読み方(発音)や意味は?breadthやheightは?【高さや幅の英語】

ここでは、高さや幅を意味する英語のheightの読み方や意味は?widthやbreadthの読み方(発音)や意味は?について解説しました。

意味や読み方を間違いやすい英単語のため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな英語を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました