スポンサーリンク

feel・felt・felt・feelingの発音(カタカナの読み方)や意味は?感じるの過去形・過去分詞形・現在進行形【英語】

英語のスキルアップ

現在ではグローバル化が加速しているため、その基準となる言語の「英語」のニーズがさらに高まりつつあります。

ただ、英語の発音(カタカナの読み方)や意味を理解することはなかなか難しく、特に似たようなものではさらに理解が困難です。

そのため適切に各単語の意味・発音について理解しておくとよく、中でもここでは「思うの過去形・過去分詞形・現在進行形であるfeel・felt・felt・feelingの発音(読み方)や意味」について解説していきます。

スポンサーリンク

感じるの過去形・過去分詞形・現在進行形(~ing形)は何?【英語のfeel・felt・felt・feeling】

それでは以下にて「感じる」の英語feelの過去形・過去分詞形・現在進行形は何なのかについて確認していきます。

英語での感じる(feel)の過去形・過去分詞形・現在進行形は不規則に変化する単語であり、各々feel・felt・felt・feelingというつづりになります。過去形と過去分詞が同じfeltであり、かつ不規則動詞のためにfeeledとならないことに注意しましょう。

なおfeelの進行形(~ing形)はあまり見かけないものの使用することもあります。代表的な例文としては、How are you feeling now? にて「今どのような気分か」ということ聞く際に使用することもあります。

つづりとしては、feelingとlは重ならないことにも注意しましょう。

これら「感じる(feel)」などの英語の単語は定義であるので、何度も見て暗記していくしかありません(特に不規則活用の英語ではなおさらです)。暗記のポイントはとにかく気づいたときに単語を見るのがおすすめです。

・完全に覚えるまでは2日に1回以上見る
・ある程度忘れなくなった後も1週間に1度見る

などと習慣にしておくましょう。当サイトの各ページをブックマークにし、定期的に見るのもいいです。

 

feel・felt・felt・feelingの発音(読み方)や意味は?【カタカナ表記では?】

感じる(feel)の過去形・過去分詞形・現在進行形のつづりと併せて、各々の発音(読み方)も覚えておくと効率よく暗記できます。

ここでは各々の英語の発音を「カタカナ表記+α」で説明していきます

・feel:フィール → カタカナをそのまま言ったものがこの現在形のfeelに相当しますが、最後の音はlのため、舌を前歯の後ろにつけて発音するようにしましょう。アクセントはフィに来ます。

・過去形のfelt:フェルトゥ(フェルト) → 最後の音は「ト」とはっきり言うのではなく「トゥ」を短く止めて発音しましょう。フィールから大きく変化するのにも注意するといいです。

・過去分詞のfelt:フェルトゥ(フェルト) → 過去形と同じ発音(読み方)になります。

・現在進行形のfeeling :フィーリング → こちらも上のfeelと同様にカタカナの発音をそのまま言うイメージでいいです。和製英語のフィーリングにてアクセントが先頭に来たような読み方です。

 

まとめ feel・felt・felt・feelingの発音(読み方)や意味は?感じるの過去形・過去分詞形・現在進行形【英語】

ここでは英語における「感じるの過去形・過去分詞形・現在進行形であるfeel・felt・felt・feelingの発音(読み方)や意味」について解説しました。

英語には似たようなつづり、発音、意味の単語がたくさんあるため、その違いを一つずつ理解していくといいです。

さまざまな英語の表現方法を身につけ、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました