【Excel】エクセルで参照先の一括変更(数式の一部をまとめて:グラフ:シート名:ファイル名) | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【Excel】エクセルで参照先の一括変更(数式の一部をまとめて:グラフ:シート名:ファイル名)

本サイトでは記事内に広告が含まれています

この記事では、エクセルで参照先の一括変更(数式の一部をまとめて:グラフ:シート名:ファイル名)をご紹介します。

ポイントは以下の通りです。

・同一ファイル内のシートの参照先の一括変更:置換機能

・別ファイル間の参照先の一括変更:ブックのリンク

グラフ:参照データをブックのリンクから変更

ですね。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

エクセルで参照先の一括変更する方法(数式の一部をまとめて)【同じファイル:シート名】

まずは同一ファイルでのシート名の参照先を一気に変換・置換する方法を確認していきます。

具体的には、Sheet1の参照データをSheet2からSheet3のデータに一括変更する手順を解説します。

Sheet2のセルB1~B3にデータが入っています。

Sheet3にも同じようにセルB1B3にデータが入っています。

Sheet1のセルB1B3にはSheet2のセルB1B3参照したデータが入っています。

 

Sheet1の参照データをSheet2からSheet3のデータに一括変更する詳細に移ります。

Sheet1でホーム→検索と選択→置換を選択します(Ctrl +HのショートカットでもOK)。

「すべて置換ボタンをクリックします。

データの参照はSheet3に変わりデータ自体もSheet3のデータに変わります。

 

 

 

エクセルで参照先の一括変更する方法(数式の一部をまとめて)【別ファイル】

別ファイルでの参照先の変更をサンプル確認しましょう。

ファイル「120.xlsx」のSheet1のセルB1B3には「120_1.xlsx」セルB1B3の参照データが入っています。

「120_2.xlsx」のセルB1B3にもデータが入っています。

 

ファイル「120.xlsx」Sheet1のデータブックのリンククリックしてブックのリンクが表示されたら、120_1.xlsxの横の「・・・」をクリック→「ソースの変更」をクリックします。

ファイル選択のダイアログが開くので、変更したいファイル「120_2.xlsx」を選択してOKをクリックします。

 

参照120_2.xlsxに変わり、データも変わります。

これでブック間における参照先の一括変更もできます。

 

 

 

エクセルでグラフの参照先の一括変更する方法

グラフの参照先を一括で変える方法をサンプル確認しましょう。

グラフは「120.xlsx」のSheet1セルA1~B3を元データとしてつくられたグラフです。

ファイル「120.xlsx」のSheet1セルB1B3にはSheet2のセルB1B3を参照したデータが入っています。

結果としてグラフは「120_1.xlsx」のデータを参照したグラフにっています

「120.xlsx」の参照データを「120_2.xlsx」のデータに変更すれば結果的にグラフの参照データは「120_2.xlsx」になり、それに従ったグラフに変更されます

グラフの軸も自動調整されたグラフです

参照データの変更は、「2番目の見出し内:エクセルで参照先の一括変更する方法(数式の一部をまとめて)【ファイル名】」で行った方法で行います。

 

ファイル「120.xlsx」Sheet1の「データ」→「ブックのリンク」をクリックして、「ブックのリンク」が表示されたら、120_1.xlsxの横の「・・・」をクリック→「ソースの変更」をクリックします。

ファイル選択のダイアログが開いたら、変更したいファイル「120_2.xlsx」を選択して「OK」をクリックします。

 

 

まとめ エクセルで参照先の一括変更(グラフ:シート名:別ファイル名)

同一ブックないでの参照先変更は文字の置換で行います。

別ファイルと参照先を変える時はブックのリンクの変更をします。

グラフは参照データをもとに作成しておけば、参照データの変更は容易にできます。

このようにして参照データを一括変更して業務を効率化しましょう。

コメント

スポンサーリンク