【Excel】パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集方法と表示が切れる時の対策【できない時の対策も】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【Excel】パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集方法と表示が切れる時の対策【できない時の対策も】

本サイトでは記事内に広告が含まれています

ちらの記事では、パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集方法と表示が切れる時の対策【できない時の対策も】解説していきます。

 

パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集方法以下の通りです。

 

エクセルデータを「埋め込み」形式でパワーポイントに貼り付け、データ上でダブルクリックする。

 

パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集できない原因と対策は以下の通りです。

 

エクセルにシート保護がかかっている場合は編集できないため、元のエクセルデータでシート保護を解除する必要があります。

 

パワーポイントにエクセルを埋め込み時に表示が切れる場合の解決策は以下の通りです。

 

パワーポイントのスライドに収まるようにエクセルのデータを調整し、パワーポイント上でエクセルデータのサイズを調整する。

 

それでは実際のサンプルに沿って解説していきます。

 

スポンサーリンク

パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集方法

 まずはパワーポイントに埋め込みたいエクセルのデータをコピーします。今回はB1G8までを選択してCtrl+Cでコピーします。

 

パワーポイントに移動し、「埋め込み」形式でペーストします。これでパワーポイント内でもエクセル機能を用いて編集できる形式で埋め込みができました。

 

編集したい場合は対象のデータでダブルクリックをして下さい。そうするとリボンがエクセルのリボンに変わります。

 

これでエクセル機能を用いてパワーポイント内でデータを編集することができます。サイズが小さい場合は枠にカーソルを合わせてクリックしながら調整することが可能です。

 

パワーポイントにエクセルを埋め込み時の編集できない原因と対策

埋め込み形式でパワーポイントに貼り付けたにもかかわらず編集できない場合は、元のエクセルデータに”シート保護“がかかっている可能性があります。

 

“シート保護”がかかっているかどうかの確認は、貼り付けたパワーポイント内でデータをダブルクリックし、リボンがエクセルに代わってからデータ内を編集しようとクリックして下さい。もし“シート保護”がかかっている場合は以下のメッセージが表示されます。

 

その場合は元のエクセルファイルに戻り、リボンの“校閲”から“シート保護の解除”をクリックし、設定したパスワードを入力して“OK”をクリックしてください。