【Excel】エクセルで計算式のみ保護(数式にロックをかける:一部の場合も)する方法【保護したい】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【Excel】エクセルで計算式のみ保護(数式にロックをかける:一部の場合も)する方法【保護したい】

本サイトでは記事内に広告が含まれています

ちらの記事では、エクセルで計算式を保護する方法(計算式のみ保護・計算式の一部のみ保護)と、計算式の一部だけ保護を解除する方法を2つ解説していきます。

 

エクセルで計算式のみを保護する方法は以下の通りです。

全セルのロックを解除→対象の計算式セルのロックをチェック→シートの保護”を設定する

 

また、エクセルで一部の計算式のみを保護する方法は以下の通りです。

予め対象の計算式セルのロックのチェックを消す→“シートの保護”を設定する。

 

計算式の一部だけ保護を解除(他の計算式は保護)する方法としては以下の通りです。

対象の計算式セルの“ロック”解除→“ホーム”リボンから“シートの保護”設定

対象の計算式セルの“ロック”を解除シートタブから“シートの保護”設定

 

では実際サンプルを見ながら解説していきます。

 

スポンサーリンク

エクセルで計算式のみ保護(数式のみ全部にロックをかける)する方法【保護したい】

 エクセルでは数式を用いて様々な計算を自動化できるため、場合によっては非常に重要な数式を多大な労力をかけて作成することもあると思います。そのような重要な数式が誤って編集されてしまわないように保護することはとても重要になります。

 

今回は単純な計算式D1D3同じ行のB列とC列の数を掛けた数値を計算し、D1D3の合計する計算式D4に記載を入力したエクセルを使って説明していきます。

 

まずシート左上ので右クリック→セルの書式設定“をクリックしてください。

“セルの書式設定”ウィンドゥの中の“保護”タブにある“ロック”欄のチェック消し、“OK”をクリックしてください。

続いて数式のセルだけ選択します。

今回はD1D4のため、D1にカーソルを合わせ、クリックしながらD4までスクロールして選択します。

あるいは、数式が多くて面倒な場合は、“ホーム”リボン右端付近にある“検索と選択”→“数式”をクリックすると、自動的に数式セルのみが選択されます。

選択された状態のまま、“ホーム”リボンの“配置”欄右下にあるマークをクリックし、“保護”タブをクリックして“ロック”欄にチェック印を入れ、右下の“OK”をクリックしてください。