スポンサーリンク

エクセルにて符号を逆にする(正と負の変換)方法は?【プラスをマイナスに、マイナスをプラスに反転】

Excelのスキルアップ

エクセルはデータ解析・管理を行うツールとして非常に機能が高く、上手く使いこなせると業務を大幅に効率化できるため、その扱いに慣れておくといいです。

ただ機能が充実しているあまり初心者にとっては処理方法がよくわからないことも多いといえ、例えばエクセルにてマイナスをプラスに、プラスはマイナスと正負を反転させるにはどのように処理すればいいか理解していますか。

ここではエクセルにて符号を逆に(正負を逆転する)方法について解説していきます。

スポンサーリンク

エクセルにて符号を逆にする(正負を反転する)方法【プラスをマイナスに、マイナスをプラスに一括変換】

それでは、エクセルを用いてプラスの数値はマイナスに、マイナスの数値はプラスに一括で変換する方法について確認していきます。

以下のようなサンプルデータを使うとします。

そしてこれらのプラスとマイナスの数値が混ざったものにおいて正負を符号を逆にする場合は、特に関数を使わなくていいです。

具体的には隣のセルに=対応セル*-1と入力するだけでOKなのです。

以下の通りです。

ENTERボタンを押し、計算を実行します。すると以下のよう正負が反転できたことが確認できました。

このセルを元にしてオートフィル機能(セルの右下にカーソルを合わせると出てくる十字をダブルクリック)を用い、一括で正と負の変換を行ってみましょう。

このようにしてプラスの数値はマイナスに、マイナスの数値はプラスに一括変換できるわけです。

マイナスからプラスにのみの一括変換はABS関数でもいい【負から正に反転】

上では正と負の数値が混ざったものにおいて符号を逆にする方法を確認しましたが、マイナスの数値だけのデータであれば-1をかけずとも、ABS関数(絶対値に変換)を用いることでマイナスからプラスに一括で変換できます。

こちらもENTERにてマイナスからプラスに符号を反転後に、オートフィルで一括処理すればいいです。

プラスからマイナスに変換する時には、ABS関数では変化しないために上のように―1をかける処理を行うようにしましょう。

まとめ エクセルにてプラスをマイナスに、マイナスをプラスに反転する方法は?【符号を逆にする(正と負の変換)方法は?】

ここでは、エクセルにて正と負を一括で反転する方法について確認しました。

基本的には関数を使わずに―1をかけることで処理できます。ただマイナスからプラスに符号に変換するには、ABS関数(絶対値関数)を使うことも対応できると覚えておくといいです。

エクセルでのさまざまな処理方法に慣れ、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました