スポンサーリンク

キーマカレーとドライカレーの違いについて意味(定義)から解説!

生活

※アイキャッチは以下youtubeより引用

私達が生活している中で似た言葉に出会うことがよくあります。

ただ各々の意味を間違って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、意味が似ている言葉として「キーマカレーとドライカレーの違いや各々の意味」について解説していきます。

スポンサーリンク

キーマカレーとドライカレーの違いは?意味(定義)から解説!

それではまずキーマカレーとドライカレーの違いについて各々の意味(定義)から確認していきます。

キーマカレーの定義(意味)としては、ひき肉を用いたカレーのことを指します。このひき肉のr種類としては豚肉をメインに使用する方が多いものの、鶏肉や牛肉またはこれらを混ぜたものであってもいいです。

またキーマカレーといえばどちらかというと水分量が少ないパサパサとしたものをイメージするかもしれませんが、特に水分量で定義されているわけではありません。

つまり通常のカレーのように水分が多めなものであってもひき肉を用いていれば、キーマカレーと分類できるのです。

キーマカレーの作り方♪ How to make Keema curry♪

キーマカレーでは上述のようひき肉を用いるため、通常用いるバラ肉などのような固まり肉よりもあっさりした完成になることが多いです。そのため濃厚だけれどそこまでこってりしすぎないものがキーマカレーの大きな特徴といえるでしょう。

一方でドライカレーとは、厳密な定義はないもののお米を用いたカレー風味の炒め物と考えるといいです。ドライ=乾燥しているカレーとそのままの意味ともいえますね。

よって調理方法での分類での一つがこのドライカレーにあたるために、ひき肉を用いて炒めたドライカレーの場合はキーマカレー(材料での分類のため)ともいうこともできるわけです。

なおドライカレーの作り方としてはもちろん人それぞれな部分もありますが、

・完成した(炊いてある)ご飯を使い、それにカレー粉や他の具材と混ぜドライカレーにする
・お米の状態から炒め、それにカレー粉や他の具材と混ぜドライカレーにする
・キーマカレーに近いドライカレー(炒める工程があるもの)

という3パターンが代表的ですね。

以下では一番下のキーマカレーかつドライカレーの作り方を解説されています。

料理人の簡単キーマカレーの作り方 ドライカレーレシピ 基本の料理

味の違いとしては、ドライカレーはカレーというよりも、ピラフやチャーハンをカレー味にしたものと捉えた方がしっくりくる方が多いでしょう。

まとめ ドライカレーとキーマカレーの違いを意味(定義)から解説!

ここでは、ドライカレーとキーマカレーの違いについて各々の意味(定義)から解説しました。

さまざまな似ている言葉の違いを理解し毎日の生活を楽しんでいきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました