スポンサーリンク

旦那のお小遣いが3万、2万、1万とできる限り抑えたいが「足りない」と言われた時の対処方法

生活

現在では高齢化が進んでいることや景気がそれほどよくないこともあり、経済的な不安を抱える人が少なくありません。

特に結婚し子供がいるような家庭ではこれが顕著であり、できる限り支出を抑えたいものですよね.

支出の中でも旦那のお小遣いの金額が3万・2万・1万とどの程度か妥当なのか判断が難しく、かつお小遣いを渡したとしても足りないと言われるケースもあることでしょう。

ここでは、この旦那のお小遣いはどの程度が妥当か(3万、2万、1万か)、足りないと言われた際の対策について確認していきます。

スポンサーリンク

旦那のお小遣いは月3万円程度が妥当か【月1万や2万では足りないか?】

それではまず旦那のお小遣いがどの程度が妥当なのかについて、月1万・月2万・月3万の場合のシミュレーションを元に確認していきます。

もちろん人によって「お金の使い道」「どこまでがお小遣いになるのか」「経済力」などは大きく異なるため一概にはいえませんが、一般的な例を元に見ていきましょう。

月1万の場合【旦那のお小遣い】

旦那のお小遣いが月1万の場合は例として、1ヵ月のうちに

・ユニクロ等の安い服1つ 2000円ほど
・飲み会1回 3000円ほど
・安めの外食やお菓子数回購入 3000円ほど
・町中に出る交通費 2000円ほど

ですでに1万円となり、これでは旦那から「足りない」と言われる確率が高くなります。

もちろん、節約することに楽しみを感じている方であれば別ですが、月1万のお小遣いでは多くの人でもやはり厳しいものがあるでしょう。

他にも何かしらの趣味(カラオケなど)がある場合には、高い確率で月1万円のお小遣いを超えてしますのです。

 

月2万の場合【旦那のお小遣い】

続いて月2万円の場合のお小遣いの内訳の例も記載していきます。

・ユニクロ等の安い服や靴 4000円ほど
・飲み会1回 3000円ほど
・普通の外食やお菓子数回購入 4000円ほど
・町中にちょこちょこ出る交通費 3000円ほど
・カラオケ等の趣味 4500円ほど
・本やメルマガ等 2500円ほど

などど月1万のお小遣いと比べて、ある程度の余裕が見えるのがわかります。

ただ基本的には、どれでも安いお店での購入が前提になっていることもあり、どうしても制限が出てくることは否定できません。

 

月3万の場合【旦那のお小遣い】

続いて月3万円の場合のお小遣いの内訳の例も記載していきます。

・ある程度値段のする服や靴の購入 7000円
・飲み会2回 6000円ほど
・少し高めの外食やお菓子をよく購入 6000円ほど
・町中に比較的よく出る交通費 4000円ほど
・カラオケなどの趣味 4500円ほど
・本やメルマガ等の購入 2500円ほど

などど月3万円程度であれば、ある程度の余裕が生まれます。比較的満たされる旦那の割合が増えるともいえるでしょう。

 

旦那にお小遣いが「足りない」と言われる場合の対策

上のように一般的な年収のかt芸であれば、月3万円くらいを旦那の目安にするといいのですが、感じ方は人それぞれな部分もあることからこれでも「足りない」という旦那もいることでしょう。

この場合の具体的な対策を以下で確認していきます。

節約し資産形成することの楽しさ・重要さを教諭する

旦那がお小遣いが足りないと感じる場合には、まず節約・資産形成の重要さや楽しさを分かち合うといいです。

今の時代では、社会保険料・税金の増加もあり普通に会社員をしている場合では、基本的に手取りが下がる傾向にあります(同じ年収の場合)

このような観点からも資産形成をする必要性は年々増しています。そのため、できる限り支出は控えた方がいいのです(もちろん楽しむことも重要ですが無駄遣いを減らす)。

同時に節約するための行う各工夫の楽しさも共有できたらさらにお互いの信頼関係も深まることもあるのでチャレンジしましょう。

 

お金がかからない趣味を一緒に探す

他にもお金があまりかからない楽しみ方を学ぶのもおすすめです。

例えば、子供がいる家庭では

・みんなで講演にピクニックにいく
・サイクリングで出かける
・一緒にできるスポーツ(バトミントン・卓球など)

を優先して行うのもいいです。

実際のところお金をかけた場合の趣味と同じような楽しさ・幸せを感じられると思います。

 

副業等でお金をさらに稼ぐ

上のように支出を減らすための工夫を行うのもいいですが、同時にお金をさらに稼ぐ努力をあなたや旦那で行うことも大切です。

例えば

・副業としてクラウドワークスでの案件を受注数(エクセルでの入力など)

・自信でサイト・ブログを運営したりYOUTUBEを行ったりで事業所得を得る
・国が優遇してくれている金融政策を活用する(積み立てnisaやIDEKO等)

などにチャレンジするのもいいでしょう。

やはりある程度輸入を増やすこともお金の不安を軽くできる大きな解決策なのです。

 

まとめ 旦那にお小遣いが「足りない」と言われた時の対処方法【月1万・2万・3万】

ここでは、旦那のお小遣いはどの程度が妥当か(3万、2万、1万か)、足りないと言われた際の対策について確認しました。

これからの時代では資産形成を行うことは重要であり、無駄遣いの削減・収入アップはより重要となります。

より不安がない快適な人生を送るためには、多くのことにチャレンジしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました