スポンサーリンク

catch・caught・caught・catchingの発音(カタカナの読み方)や意味は?つかまえる・考えるの過去形・過去分詞形・現在進行形【英語】

英語のスキルアップ

現在ではグローバル化が加速しているため、その基準となる言語の「英語」のニーズがさらに高まりつつあります。

ただ、英語の発音(カタカナの読み方)や意味を理解することはなかなか難しく、特に似たようなものではさらに理解が困難です。

そのため適切に各単語の意味・発音について理解しておくとよく、中でもここでは「つかまえるの過去形・過去分詞形・現在進行形であるcatch・caught・caught・catchingの発音(読み方)や意味」について解説していきます。

スポンサーリンク

つかまえるの過去形・過去分詞形・現在進行形(~ing形)は何?【英語のcatch・caught・caught・catching】

それでは以下にて「つかまえる」の英語catchの過去形・過去分詞形・現在進行形は何なのかについて確認していきます。

英語でのつかまえる(catch)の過去形・過去分詞形・現在進行形は不規則に変化する単語であり、各々catch・caught・caught・catchingというつづりになります。

過去形と過去分詞が同じcaughtであり、かつ不規則動詞のためにcatchedとならないことに注意しましょう。

なおcatchingの場合の意味は「病気や感情(良くも悪くも)が移りやすい」などとつかまえるとは訳のニュアンスが変化することにも注意するといいです。

これら「つかまえる(catch)」などの英語の単語は定義であるので、何度も見て暗記していくしかありません(特に不規則活用の英語ではなおさらです)。暗記のポイントはとにかく気づいたときに単語を見るのがおすすめです。

・完全に覚えるまでは2日に1回以上見る
・ある程度忘れなくなった後も1週間に1度見る

などと習慣にしておくましょう。当サイトの各ページをブックマークにし、定期的に見るのもいいです。

 

catch・caught・caught・catchingの発音(読み方)や意味は?【カタカナ表記では?】

つかまえる(catch)の過去形・過去分詞形・現在進行形のつづりと併せて、各々の発音(読み方)も覚えておくと効率よく暗記できます。

ここでは各々の英語の発音を「カタカナ表記+α」で説明していきます

・catch:キャッチ → 基本的にはカタカナと同じであり、アクセントが「キャ」に来ると覚えておくといいです。

・過去形のcaught:コートゥ(コート) → コートの間の音は「ウ(コウトゥ)」というのではなく、伸ばしたもの(コートゥ)がより正しい発音に近いです。また最後の音はトとはっきり言うのではなく、トゥを短く切って発音しましょう。

・過去分詞のcaught:コートゥ(コート) → 過去形と同じ発音(読み方)になります。

・現在進行形のcatching :キャッチング → こちらも原形と同様にカタカナの発音をそのまま言うだけでいいです(アクセントは前)。

 

まとめ 英語でつかまえるの過去形・過去分詞形・現在進行形は?catch・caught・caught・catchingの発音(読み方)や意味は?

ここでは英語における「つかまえるの過去形・過去分詞形・現在進行形であるcatch・caught・caught・catchingの発音(読み方)や意味」について解説しました。

英語には似たようなつづり、発音、意味の単語がたくさんあるため、その違いを一つずつ理解していくといいです。

さまざまな英語の表現方法を身につけ、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました