スポンサーリンク

100均の卵の穴あけ器のスペック・感想【セリア】

生活

最近では百均にいけばたいていなものがそろう便利な世の中となりましたよね。

そんな中でもここでは、100均の卵の穴あけ器を購入した方に「そのスペック、使用した感想などの詳細レビュー」をしていただきましたので、ぜひ買う際の参考にしてみてください。

それでは確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

100均の卵の穴あけ器のスペック・感想【セリア】

20代、女性の方のセリアの卵の穴あけ器の詳細レビューになります。

100均(セリア)の卵の穴あけ器のレビューを行っていきます。

100均の卵の穴あけ器のスペック

これは「茹でる前のひと手間で卵の殻をつるんと綺麗に剥ける」便利アイテム。

本体はABS樹脂でできており、耐熱温度は約70℃。対冷温度は約⁻20℃。

金属部はステンレススチール製。バネ部分は鉄(ニッケルメッキ)製です。

サイズは縦約5㎝、横5㎝、高さ2.8㎝で、キッチンの棚にすっきりコンパクトに収まります。

カラーバリエーションは白・黒・グレーの3色ありますが、私はホワイトを選びました。

 

100均の卵の穴あけ器の使用方法

まず穴あけ器上部の丸い部分をPUNCH←の方向に回します(左側に回します)。

この工程でロックを解除できます。

丸い部分を押し込むと、中心の穴から針が出てくる仕組みになっています。
押し込んだり緩めたりすると、バネで丸い部分が上下します。

↑ちょこんと中央に針が出ています。

 

次にゆで卵に穴をあけます。

卵の尖っているほうではなく、丸い方を下にして押し込みます。

こうすることで卵の表面にある薄皮部分と、中身の間とに隙間ができますので殻がむきやすくなります。

卵を乗せるだけで位置が固定されるようになっていますので、あとは押すだけ。殻が固いので、上から少し強めに押します。

↑卵の殻に小さな穴があきました。茹で上がったものを冷水に浸し、剝いてみると…

薄皮が剝がれやすく、つるんときれいに剥けました。

 

100均の卵の穴あけ器の感想・レビュー

以前は、殻を剝く時に卵の表面がデコボコしてしまったり、剝がしにくくて困っていましたが、この100均の卵の穴あけ器があれば「本気で楽になった」といえます。

このアイテムのおかげで今まで面倒と感じていた卵料理をすることがだいぶ楽しくなりました。100円にてこのレベルのクオリティであればものすごいコスパと思います(^^)!

また、鍋物を作る際には、穴を開けた卵をそのまま他の具材と一緒に入れて煮てしまえば、楽々ゆで卵を作って食べることができますよ。

 

※最後に、卵の穴あけ器を収納するときは、丸い部分をLOCK→の方向に回してから収納してください。(右側に回します)

LOCKしていない状態ですと針が出て危険なので、お取り扱いには十分お気を付けください。

Seriaの穴あけ器を使って、快適な卵ライフを。お店にお立ち寄りの際はぜひチェックしてみてください。

 

まとめ 100均の卵の穴あけ器のスペック・感想【Seria】

ここでは、100均の卵の穴あけ器のスペック・感想(セリア)を実際に購入した方から意見をもとに、詳細のレビューを記載しました。

本当に100均のクオリティは年々上がっており、すごいの一言につきますね!

当サイトにて各100均商品のレビューを載せておりますので、ぜひ参考にしてあなたにあったアイテムを見つけてみてください(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました