スポンサーリンク

1000円や1500円の英語の表記や読み方は?1000円かかるの英語は?【2000円や2500円も解説!】

英語のスキルアップ

私たちが生活している中でよく「お金の数え方に関する英語の表記」が知りたいことがあるでしょう。

ただ英語での金額表現に慣れていないと「どう言えばいいのかわからない」状況になりやすいです。

そのためここでは、1000円、1500円、2000円、2500円などの英語の書き方や、1000円かかるなどの文章で使用する際の言い回しについても解説していきます。

 

スポンサーリンク

1000円分の英語の表記や読み方は?

それではまず基本的なお金の英語表記である1000円の書き方・読み方について解説していきます。

1000円に限らず数字の1000を英語でいうとthousand と書き、読み方はサウザンド(最初のサは舌を挟んで発音)です。

よって1000円を英語で表記する場合には、

・thousand yen (サウザンド イェン)

となるわけです。

なお書き方としてはthousandと記載せずに「1000yen」と書く場合も多いため、どちらかというとその読み方を覚えておくといいですね。

1000円かかるの英語での表記(書き方)や読み方は?

さらには1000円かかるの英語での言い回しについても確認していきます。

基本的に金額がかかることを英語で兵家していくには、形式主語のItとcost (かかる)を用います、

なので1000円かかるの英語の表記としては

・It cost 1000 yen.

・It cost thousand yen.

となるわけです。

よく使うものなのでこのフレーズごと覚えておくのもおすすめです。

 

1500円の英語の読み方や表記(書き方)は?

さらには少し難しいお金の言い回しとして1500円の読み方・書き方についても解説していきます

1500円の英語の書き方・読み方としてはいくつかあり

・fifteen hundred yen (フィフティーン ハンドレッド イェン)

・one thousand five hundred yen(ワン サウザンド ファイブ ハンドレッド イェン)

などが挙げられ、どちらを使ってもいいです。

ちなみに上の表記では15(fifteen)が100個(hundred)集まったもの、

下の記載では1000円(ine thousand)と500(five hundred)を合わせたものと

イメージしておくといいですね。

 

1500円かかるの英語の読み方・書き方

1500円かかるは1000円かかると同じように、

・It cost 1500 yen.

などとなります。

 

2000円の英語の読み方・書き方は?

さらには2000円を英語にするとどうなるかについても確認していきます。

これは1000円がthousand yenであることから連想できますが、

2000円の英語:two thousand yen という表記となります。読み方はトゥー サウザンド イェンです。

1000円の英語表記と併せて覚えておくのがおすすめですね。

 

2500円の英語の読み方や書き方は?

最後に、2500円の英語の読み方・書き方についても確認していきます。

こちらも1500円と同様の覚え方をするとよく

・twentyfive hundred yen (トゥウェンティファイブ ハンドレッド イェン)

・two thousand five hundred yen(トゥー サウザンド ファイブ ハンドレッド イェン)

でOKです。

 

まとめ 2000円や2500円の英語の読み方や表記(書き方)は?

ここでは、1000円や1500円の英語の表記や読み方は?1000円かかるの英語は(2000円や2500円も解説!)について解説しました。

ややこしい表現のため勘違いしないようこの機会に覚えておくといいです。

さまざまな英語の表現を理解し、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました